ニュース

対話アプリ「テレグラム」、仮想通貨採掘マルウェアの標的に!!

ロシアの情報セキュリティ会社のカスペルスキーは13日、対話アプリ「テレグラム」のユーザーを標的としたマルウェアを確認したことを発表した。

デスクトップ版アプリの脆弱性が狙われ、ユーザーのパソコンを使って秘密裏にモネロやジーキャッシュなどの仮想通貨を採掘するマルウェアをばらまくために悪用されたという。マルウェアは2017年3月から機能し、ロシアのユーザーのみが標的となった。

テレグラム創設者の一人、パベル・ドゥーロフ氏はテレグラム上で同日「デスクトップ版アプリの脆弱性ではない。ファイルを開かなければ、誰もあなたのコンピュータやテレグラムを遠隔操作できない」と、カスペルスキーによる発表を重く捉えていないことを伝えた。マルウェアは11月に取り除いたという。

テレグラム社は過去最大規模とされる約2,220億円相当のICOを計画しているが、今回のマルウェア問題がどのように影響が出てくるか注目だ。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. オーストラリア政府はブロックチェーン技術開発に援助

  2. 昨日(8/15)のニュースまとめ

  3. 著名人らBTCに対する強気発言

  4. 仮想通貨の取得は非課税になる見込み

  5. 【注意喚起】全銀協等を装う詐欺手口【金融庁が注意喚起】

  6. BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

PAGE TOP

ニュース

SendFriend、xRapidを導入したサービス開始

ニュース

1週間(6/17~6/24)の国内ニュースまとめ

ニュース

プロジェクト[Libra]の3つの特徴と問題点

ニュース

アメリカ、FATFガイダンスに合わせた動き

ニュース

昨日(6/22)のニュースまとめ

ニュース

G7での暗号通貨規制に関する対策チーム設立[FATF・Libra]

ニュース

FATF、暗号通貨ガイダンス発表[実現性に疑問の声]

ニュース

金融庁、ガイドライン改正案公表[ICOへの対応]