ニュース

対話アプリ「テレグラム」、仮想通貨採掘マルウェアの標的に!!

ロシアの情報セキュリティ会社のカスペルスキーは13日、対話アプリ「テレグラム」のユーザーを標的としたマルウェアを確認したことを発表した。

デスクトップ版アプリの脆弱性が狙われ、ユーザーのパソコンを使って秘密裏にモネロやジーキャッシュなどの仮想通貨を採掘するマルウェアをばらまくために悪用されたという。マルウェアは2017年3月から機能し、ロシアのユーザーのみが標的となった。

テレグラム創設者の一人、パベル・ドゥーロフ氏はテレグラム上で同日「デスクトップ版アプリの脆弱性ではない。ファイルを開かなければ、誰もあなたのコンピュータやテレグラムを遠隔操作できない」と、カスペルスキーによる発表を重く捉えていないことを伝えた。マルウェアは11月に取り除いたという。

テレグラム社は過去最大規模とされる約2,220億円相当のICOを計画しているが、今回のマルウェア問題がどのように影響が出てくるか注目だ。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. イスラム金融での活躍に期待、Ripple

  2. イーサ、米国で機関投資家市場参入へ

  3. 中国政府、国外のブラットフォームも締め出しか、BTC7000ドル割れ

  4. オーストラリアの店舗でビットコイン販売

  5. 日本で仮想通貨被害が急増

  6. FRB「暗号通貨の価格変動は脅威になり得ない」

PAGE TOP

ニュース

Ethereumのアップグレード2度目の延期へ

ニュース

BTCのハッシュレート分散化[Bitmain事業縮小]

ニュース

取引所Cryptopia,ハッキング事件か出口詐欺か

ニュース

マレーシア、暗号通貨規制導入

ニュース

昨日(1/16)のニュースまとめ

ニュース

資金洗浄・テロ資金供与とは[基礎知識]

ニュース

Liquid、QASH保有量・期間に応じてXRPプレゼント

ニュース

昨日(1/15)のニュースまとめ