ニュース

アメリカの格付機関が「テザー」の危険性を警告

米大手独立系格付機関のワイスレーティングは投資家に対し仮想通貨テザー(USTD)の危険性を警告した。

テザーはレートが米ドルに固定されているのが特徴であるが、発行元のテザー社が裏付けとなるドル資産を十分に所有していないとの疑惑が浮上している。ワイスレーティングのアナリスト、ホアン・ヴィッラヴェルデ氏は、テザー社がテザー発行量に相当するドルを所有している証拠を示したことがないことに加え、監査を受けていないことを重大な問題だと捉えているという認識を示した。

現在、米商品先物取引委員会(CFTC)がテザー社と仮想通貨交換会社ビットフィネックスに対し不正の疑いがあるとして調査を行っている。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. Coinbase取引高大幅減少の理由

  2. 仮想通貨で儲かった人はリタイヤ生活?

  3. リップルのテクノロジーが大手銀行に使用される

  4. ブロックチェーンを用いたテレビ番組が10月から開始

  5. 政府機関のペーパーレス化[オーストラリア]

  6. コインチェック「破産申請予定」と内部告発にユーザー混乱

PAGE TOP

ニュース

Ethereumのアップグレード2度目の延期へ

ニュース

BTCのハッシュレート分散化[Bitmain事業縮小]

ニュース

取引所Cryptopia,ハッキング事件か出口詐欺か

ニュース

マレーシア、暗号通貨規制導入

ニュース

昨日(1/16)のニュースまとめ

ニュース

資金洗浄・テロ資金供与とは[基礎知識]

ニュース

Liquid、QASH保有量・期間に応じてXRPプレゼント

ニュース

昨日(1/15)のニュースまとめ