ニュース

BTC、再び1万ドルも視野、中国旧正月入りに警戒

仮想通貨ビットコインは再び重要な心理的節目である1万ドルを試す展開となった。ただ、中国の旧正月(15日から21日まで)が懸念材料となっている。

旧正月に向け、中国や韓国の国民はビットコインを(flat currencies)法的通貨に交換する傾向にある。ビットコインへの需要が減少することは、相場のマイナス材料になると見られている。

NY午前11時時点、CBOEビットコイン先物(2月限)9280ドル、CMEビットコイン先物(2月限)9265ドルと、9000ドル台を回復した。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. ヘルスケア特化型のClinicoin、イニシャルトークンセールを2月2…

  2. ロシア中銀が仮想通貨に新たな警告

  3. Coinbase、取引上限引き上げ

  4. XRP勢い止まらず

  5. マサチューセッツ工科大がブロックチェーンで単位を

  6. 取引事業者、自動売買を排除

PAGE TOP

ニュース

xRapidの本格始動に期待が高まる

ニュース

LINE,投資で技術提携

ニュース

取引所は支援対象から除外[韓国]

ニュース

TwitterからMastodonへ移行

ニュース

暗号通貨専用の銀行と裁判所設立、検討へ

ニュース

Coinbase、確立した地位を

ニュース

Binance、技術学習サービス提供

ニュース

昨日(8/16)のニュースまとめ