ニュース

BTC、再び1万ドルも視野、中国旧正月入りに警戒

仮想通貨ビットコインは再び重要な心理的節目である1万ドルを試す展開となった。ただ、中国の旧正月(15日から21日まで)が懸念材料となっている。

旧正月に向け、中国や韓国の国民はビットコインを(flat currencies)法的通貨に交換する傾向にある。ビットコインへの需要が減少することは、相場のマイナス材料になると見られている。

NY午前11時時点、CBOEビットコイン先物(2月限)9280ドル、CMEビットコイン先物(2月限)9265ドルと、9000ドル台を回復した。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 中国国営放送でP2P取引に違法性示唆

  2. NEM専門情報サイト、NEM MAP

  3. アメックスはビットコイン・ブロックチェーンをどう捉えているか?

  4. 中国が新たなブロックチェーン計画を進める

  5. 韓国、ハッキング被害の保険金支払われない問題

  6. Ripple社、新たな提携

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

家計簿アプリのマネーフォワード、暗号通貨市場参入

ニュース

大和証券も!暗号通貨取引市場参入の意欲

ニュース

タイ、ICOでの資金調達可能資産を規制

ニュース

アルゼンチンの銀行がBTCでの国際送金開始

ニュース

コインチェック、6月中に全面再開予定

ニュース

イギリスのLMAX、暗号通貨市場参入

ニュース

XVGが2度目の51%攻撃受ける

ニュース

メキシコの規制状況