ニュース

BTC、再び1万ドルも視野、中国旧正月入りに警戒

仮想通貨ビットコインは再び重要な心理的節目である1万ドルを試す展開となった。ただ、中国の旧正月(15日から21日まで)が懸念材料となっている。

旧正月に向け、中国や韓国の国民はビットコインを(flat currencies)法的通貨に交換する傾向にある。ビットコインへの需要が減少することは、相場のマイナス材料になると見られている。

NY午前11時時点、CBOEビットコイン先物(2月限)9280ドル、CMEビットコイン先物(2月限)9265ドルと、9000ドル台を回復した。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 電子機器大手フィリップス、暗号通貨技術利用を模索

  2. Ripple、既存ユーザーの身分証提出を促進

  3. フィンテック企業買収発表で株価2600%増

  4. 50万ドル被害?仮想通貨プラットフォームEnigmaにハッキング

  5. 取引事業者、自動売買を排除

  6. 仮想通貨の促進広告に関し「グーグル」すでに対応との回答

会計事務所紹介センター

Rentberry

GMOコイン

最近の記事

  1. 国際送金にXRP

    2018.02.21

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

国際送金にXRP

ニュース

XRP基軸通貨となるか、期待高まる

ニュース

ベネズエラ、国独自の「仮想通貨」を発行

ニュース

「なくなってしまった」BTCの行方は

ニュース

BTC発掘機で連邦違反

ニュース

Zaif資金繰りも炎上か

ニュース

保身の対応は早いZaif

ニュース

存在しないはずの【行方不明取引】