ニュース

BTC、再び1万ドルも視野、中国旧正月入りに警戒

仮想通貨ビットコインは再び重要な心理的節目である1万ドルを試す展開となった。ただ、中国の旧正月(15日から21日まで)が懸念材料となっている。

旧正月に向け、中国や韓国の国民はビットコインを(flat currencies)法的通貨に交換する傾向にある。ビットコインへの需要が減少することは、相場のマイナス材料になると見られている。

NY午前11時時点、CBOEビットコイン先物(2月限)9280ドル、CMEビットコイン先物(2月限)9265ドルと、9000ドル台を回復した。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. マウントゴックス民事再生へ移行か

  2. カカオ、美容ブロックチェーン事業に投資

  3. 押収したBTCの対処に困惑

  4. SAPはブロックチェーンに関する計画にメンバーを大幅追加

  5. アメリカ司法省ビットコイン入札へ

  6. ポケモンGOのポケコインが通貨に認定される見込み!?

PAGE TOP

ニュース

規制環境整備後の課題は人材育成か

ニュース

機関投資家参入に期待できるほど環境は整っているのか

ニュース

ドローンの個別認証にもブロックチェーン技術

ニュース

今週(10/14~10/21)の注目ニュース

ニュース

昨日(10/20)のニュースまとめ

ニュース

好材料供給が止まらないXRP

ニュース

世界統一基準での規制、いよいよか

ニュース

第7回の研究会、取引規制が焦点