ニュース

BTC、再び1万ドルも視野、中国旧正月入りに警戒

仮想通貨ビットコインは再び重要な心理的節目である1万ドルを試す展開となった。ただ、中国の旧正月(15日から21日まで)が懸念材料となっている。

旧正月に向け、中国や韓国の国民はビットコインを(flat currencies)法的通貨に交換する傾向にある。ビットコインへの需要が減少することは、相場のマイナス材料になると見られている。

NY午前11時時点、CBOEビットコイン先物(2月限)9280ドル、CMEビットコイン先物(2月限)9265ドルと、9000ドル台を回復した。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 匿名グループ、BCHを脅迫

  2. ビットコインがトラブルで殺人!?

  3. ベネズエラ、暗号通貨銀行設立計画

  4. 米規制当局がビットファンダー創業者を起訴

  5. ICO専門のメディアがオープン

  6. 見直されるXRP、歩みを進めるRipple[中東地域へ]

PAGE TOP

ニュース

ウォレットで直接送金・交換可能に[ウォレット業者による取引サービス]

ニュース

ダボス会議、共通テーマは[第4次産業革命]

ニュース

登録業者Xtheta、新たにコワーキングスペースオープン予定

ニュース

取引所による不正行為[韓国で有罪判決]

ニュース

昨日(1/21)のニュースまとめ

ニュース

LiquidNetworkでの実証実験、開発支援プロジェクト[国内の動き]

ニュース

ワイオミング州、暗号資産を3つに分類[日本での仮想通貨の定義]

ニュース

サウジ・UAE共同で国際送金への取り組み[活発になる送金への試み]