ニュース

日銀の黒田総裁、仮想通貨は法定通貨を脅かすものではないと発言

日銀の黒田東彦総裁は13日の衆院予算委員会において、「仮想通貨は法定通貨ではなく、裏付けとなる資産もないため、現状はほとんどが投機的な投資の対象となっている。送金や支払いへの利用もごく僅かだ」と述べ、世界的な信用を持つソブリン通貨を脅かす可能性は低いとの見方を示した。

また、支払いや決済手段としての通貨として利用されているわけではないことから、「仮想「通貨」ではなく仮想「資産」)と表現すべきだ」とも指摘している。

現状では、ビットコインを始めとする仮想通貨を決済手段として利用可能な店舗・施設はまだ少ない。しかし、国内大手ではビックカメラやヤマダ電機などがビットコイン決済を導入している。仮想通貨の普及に伴い、利用可能な店舗が広がれば、仮想「通貨」と認められる日も来るだろう。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. ノルウェーのスカンディアバンクン、銀行口座と仮想通貨取引口座を一体化

  2. 歯ブラシにブロックチェーン技術⁈

  3. 電話番号で銀行個人間送金可能に⁈[全銀ネットと富士通共同実証実験]

  4. 昨日(7/19)のニュースまとめ

  5. 昨日(6/18)のニュースまとめ

  6. 仮想通貨ウォレットを狙った新たなマルウェアが発見される。

PAGE TOP

ニュース

昨日(2/18)のニュースまとめ

コラム

ポンド円でパターントレードを理解 “仏のR特別講義”

ニュース

デジタル通貨に関する共同検証[KDDIのスマートマネー構想]

ニュース

海外FX業者の[PAMM/MAM]被害[コインの森管理人]

ニュース

ディープフェイクの脅威[偽物が存在することを把握することの重要性]

ニュース

メタップス、取引所事業から撤退[変化する法規制]

ニュース

未来投資会議での議論[送金手数料と銀行の収益構造]

ニュース

中電、情報銀行に関する実証実験へ[情報銀行業と認可]