ニュース

日銀の黒田総裁、仮想通貨は法定通貨を脅かすものではないと発言

日銀の黒田東彦総裁は13日の衆院予算委員会において、「仮想通貨は法定通貨ではなく、裏付けとなる資産もないため、現状はほとんどが投機的な投資の対象となっている。送金や支払いへの利用もごく僅かだ」と述べ、世界的な信用を持つソブリン通貨を脅かす可能性は低いとの見方を示した。

また、支払いや決済手段としての通貨として利用されているわけではないことから、「仮想「通貨」ではなく仮想「資産」)と表現すべきだ」とも指摘している。

現状では、ビットコインを始めとする仮想通貨を決済手段として利用可能な店舗・施設はまだ少ない。しかし、国内大手ではビックカメラやヤマダ電機などがビットコイン決済を導入している。仮想通貨の普及に伴い、利用可能な店舗が広がれば、仮想「通貨」と認められる日も来るだろう。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. シンガポール中銀、ブロックチェーン活用した決済に注力

  2. アリババ、ICOも含め暗号通貨関連の一切を禁止

  3. 競売の落札代金にBTC支払いも選択可能

  4. 暗号通貨取引所のICO登録料は証券会社の10倍

  5. 法定通貨と暗号通貨の競争

  6. 昨日(9/3)のニュースまとめ

PAGE TOP

ニュース

規制環境整備後の課題は人材育成か

ニュース

機関投資家参入に期待できるほど環境は整っているのか

ニュース

ドローンの個別認証にもブロックチェーン技術

ニュース

今週(10/14~10/21)の注目ニュース

ニュース

昨日(10/20)のニュースまとめ

ニュース

好材料供給が止まらないXRP

ニュース

世界統一基準での規制、いよいよか

ニュース

第7回の研究会、取引規制が焦点