ニュース

日銀の黒田総裁、仮想通貨は法定通貨を脅かすものではないと発言

日銀の黒田東彦総裁は13日の衆院予算委員会において、「仮想通貨は法定通貨ではなく、裏付けとなる資産もないため、現状はほとんどが投機的な投資の対象となっている。送金や支払いへの利用もごく僅かだ」と述べ、世界的な信用を持つソブリン通貨を脅かす可能性は低いとの見方を示した。

また、支払いや決済手段としての通貨として利用されているわけではないことから、「仮想「通貨」ではなく仮想「資産」)と表現すべきだ」とも指摘している。

現状では、ビットコインを始めとする仮想通貨を決済手段として利用可能な店舗・施設はまだ少ない。しかし、国内大手ではビックカメラやヤマダ電機などがビットコイン決済を導入している。仮想通貨の普及に伴い、利用可能な店舗が広がれば、仮想「通貨」と認められる日も来るだろう。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. リップル1ドル割れ、リップルCEO、コインベース会長のCNBCインタビ…

  2. ブロックチェーンで貴金属取引、プロトタイプが完成

  3. ゲームクリアでBTCが手に入る!

  4. IMF専務理事が、仮想通貨の「ダークサイド」を批判

  5. SBIインベストメント株が上昇

  6. アジア最大のアートショーで仮想通貨決済導入

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

スイス政府、自国発行デジタル通貨の検討・調査

ニュース

【初心者向け】ICOとは

ニュース

非中央集権は幻想か

ニュース

マネックスグループ、暗号通貨事業で海外進出検討

ニュース

中国格付けで1位となったETHって?

コラム

暗号通貨が危険なら、現金はどうなんだ

ニュース

ブロックチェーン技術を学ぶための大学開校

ニュース

Apple共同設立者、暗号通貨を肯定