ニュース

NY連銀のエコノミスト、仮想通貨の実用性に疑問

NY連銀のエコノミスト、リー氏は、ウェブ上の質疑応答で、ビットコインの実用性に疑問を投げかけた。中央銀行による支持を得ている法定紙幣のように使いやすくなることはないとした。

「もしわれわれが信頼のない陰鬱な世界に住んでいた場合、ビットコインは支払い手段として優位に立つだろう。しかし、この世界では、人々が信頼のある金融機関に支払いをまかせ、中央銀行が資金の価値を維持している。ビットコインが現存している支払い手段より重宝される可能性は少ない」と悲観的な見解を示した。

NY連銀の金融や支払い機能を研究しているエコノミストのマイケル・リー氏、アントン・マーティン氏は仮想通貨の弱みはやはり、信頼が不足する環境下で使用可能であることだと指摘した。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. ロシアのマイニングファームがICOを開催

  2. エンドトゥーエンドのマイクロペイメントが可能だと証明される

  3. ライトコイン、SegWit対応が現実味

  4. オーストラリア、仮想通貨関連の詐欺による2017年の被害総額は210万…

  5. イーサリアムでも決済へ

  6. 1週間(6/11~6/16)のニュースまとめ

PAGE TOP

ニュース

xRapidの本格始動に期待が高まる

ニュース

LINE,投資で技術提携

ニュース

取引所は支援対象から除外[韓国]

ニュース

TwitterからMastodonへ移行

ニュース

暗号通貨専用の銀行と裁判所設立、検討へ

ニュース

Coinbase、確立した地位を

ニュース

Binance、技術学習サービス提供

ニュース

昨日(8/16)のニュースまとめ