ニュース

NY連銀のエコノミスト、仮想通貨の実用性に疑問

NY連銀のエコノミスト、リー氏は、ウェブ上の質疑応答で、ビットコインの実用性に疑問を投げかけた。中央銀行による支持を得ている法定紙幣のように使いやすくなることはないとした。

「もしわれわれが信頼のない陰鬱な世界に住んでいた場合、ビットコインは支払い手段として優位に立つだろう。しかし、この世界では、人々が信頼のある金融機関に支払いをまかせ、中央銀行が資金の価値を維持している。ビットコインが現存している支払い手段より重宝される可能性は少ない」と悲観的な見解を示した。

NY連銀の金融や支払い機能を研究しているエコノミストのマイケル・リー氏、アントン・マーティン氏は仮想通貨の弱みはやはり、信頼が不足する環境下で使用可能であることだと指摘した。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. コインチェックが来週をメドに流出NEMの補償実施へ

  2. ロシアの電力会社がマイナーに余った電力を販売?

  3. 昨日(5/25)のニュースまとめ

  4. 昨日(8/6)のニュースまとめ

  5. サイバーエージェントビットコイン設立

  6. ライトニングネットワーク上でポケモン

PAGE TOP

ニュース

1週間(1/20~1/27)のニュースまとめ

ニュース

クーガー、伊藤忠商事と資本業務提携[ブロックチェーンと電子投票]

ニュース

攻撃対象となりやすい五輪開催国[個人で取れる対策]

ニュース

WEF,デジタル通貨に関する国際連合組織設立[CBDC・ステーブルコイン]

ニュース

ダボス会議、閉幕[地球環境問題と国家のあり方]

ニュース

昨日(1/25)のニュースまとめ

ニュース

コインの森トレード学習講座[資産管理の重要性]

ニュース

BIS,暗号通貨・CBDCに関する調査[政権や金融への不信感]