ニュース

NY連銀のエコノミスト、仮想通貨の実用性に疑問

NY連銀のエコノミスト、リー氏は、ウェブ上の質疑応答で、ビットコインの実用性に疑問を投げかけた。中央銀行による支持を得ている法定紙幣のように使いやすくなることはないとした。

「もしわれわれが信頼のない陰鬱な世界に住んでいた場合、ビットコインは支払い手段として優位に立つだろう。しかし、この世界では、人々が信頼のある金融機関に支払いをまかせ、中央銀行が資金の価値を維持している。ビットコインが現存している支払い手段より重宝される可能性は少ない」と悲観的な見解を示した。

NY連銀の金融や支払い機能を研究しているエコノミストのマイケル・リー氏、アントン・マーティン氏は仮想通貨の弱みはやはり、信頼が不足する環境下で使用可能であることだと指摘した。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 犯罪組織「シルクロード」が映画化

  2. ウィンクルボス兄弟のビットコイン取引所、ついに開業

  3. 日本の規制状況

  4. WoTokenから資産を引き出したい[コインの森何でも相談]

  5. 暗号通貨取引が違法に「サウジ」

  6. IBM、ステラ(Stellar/XLM)活用決済システム発表

PAGE TOP

ニュース

昨日(9/14)のニュースまとめ

ニュース

金融商品保護の制度[預金・証券・保険]

ニュース

デジタル資産の相続

ニュース

経済産業省からレンタル移籍で株式会社VALUへ[人材育成プログラム]

ニュース

Libra開発、ドイツ・フランスは否定的[各国の考え]

ニュース

昨日(9/13)のニュースまとめ

ニュース

Sblockから資金を回収したい[コインの森なんでも相談]

ニュース

Santander、ブロックチェーン上債券発行