ニュース

韓国、他国を参考に仮想通貨取引所の認可制度を導入か

韓国政府が仮想通貨取引所の許可制度の導入を検討していることをビジネスコリアが12日、関係者筋の話として報じた。

ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)による仮想通貨関連事業者の許可制度「ビットライセンス」をベンチマークにした制度を検討しているという。

ビットライセンス制度では、取引所コインベースや仮想通貨リップルを開発するリップル社など6社しか承認されておらず、日本の仮想通貨の取引業者に登録制度より厳しい基準が設けられている。

韓国では、1月11日に政府が国内の仮想通貨取引所の閉鎖を検討していることが明らかになり、中国のような全面的な禁止措置の導入が懸念されていた。しかし、仮想通貨価格の下落や投資家による反対活動などを受け、規則により市場を安全に管理する方針に転じたと見られる。許可制度の導入は、6月に行われる統一地方選後に最終決定するようだ。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 台湾のコンビニ1万店舗でビットコイン購入が可能に

  2. ロシア、デジタル通貨の立ち上げを検討

  3. 韓国で20代男性が自殺、仮想通貨投資失敗が原因か

  4. 中国の前頭取「ビットコインは潰せない」

  5. 韓国政府、国内の6つの銀行を検査

  6. 『南米のeBay』と呼ばれる企業、ビットコイン関連プラン発表

PAGE TOP

ニュース

日本の税金問題[所得の把握に注力]

ニュース

新規口座開設キャンペーン[Liquid・BITPoint]

ニュース

XRPの注目高まる[Liquidのレバレッジ取引に追加]

ニュース

昨日(10/17)のニュースまとめ

ニュース

Microsoft、分散型IDの開発を発表[個人情報も自分で守る環境へ]

ニュース

制裁回避手段としての利用準備を進めるイランと監視強化を行うアメリカ

ニュース

ビッグデータの活用、分散型への歩み

ニュース

昨日(10/16)のニュースまとめ