ニュース

コインチェック会見まとめ(2/13)

コインチェックが金融庁に再発防止等に関する報告書を提出し、会見に挑んだ。

大塚取締役からの発言は以下。

・401億円にも及ぶ出金申請は処理した
・401億円以外も、分別管理してあるので出金に対応できる
・金融庁とのやり取りは公表できない
・NEMの返金補償は予定通り「円」で行う
・返金の日時は決まっていないが見通しはついている
・事業は継続する
・認可申請を引き続き行っていく

※ 会見内容とは順不同

ユーザーからすれば、取締役が会見しただけでも更なる安心材料だろう。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. EOS、ICO史上最高額の調達に成功

  2. SBIホールディングス、仮想通貨コールドウォレット事業展開のCoolB…

  3. RippleCEO,[Libra]に対する意見【RippleとLibr…

  4. ポルノハブでも暗号通貨決済導入

  5. ワイオミング州、暗号資産を3つに分類[日本での仮想通貨の定義]

  6. BITBOX、取り扱い通貨一覧 日本へのサービス展開は?

PAGE TOP

ニュース

昨日(10/12)のニュースまとめ

ニュース

JCBA、意見書公表[暗号通貨管理]

ニュース

昨日(10/10)のニュースまとめ

ニュース

イギリス中銀、Libraの監督方針

ニュース

Ripple、Finastraと提携[RippleNet]

ニュース

販売所と取引所の違いとは?[初心者向け]

ニュース

Binance、AliPayやWechatPayでのBTC購入サポート

ニュース

昨日(10/8)のニュースまとめ