ニュース

米英政府機関ウェブサイトにも仮想通貨採掘マルウェア仕組まれる

世界4,200以上のウェブサイトに「仮想通貨モネロ」を採掘するマルウェアが仕組まれたことをテクノロジー関連の英情報サイト、ザ・レジスターが報じた。

採掘に悪用されたサイトは共通して米テクストヘルプが提供する「Browsealoud(ブラウズアラウド)」というソフトウェアを使用していたという。視覚障害者向けに画面を読み上げる有名なソフトウェアであり、公共機関で多く導入されていた。被害にあったウェブサイトには、米国や英国の政府機関のウェブサイトも含まれる。

マルウェアが埋め込まれたウェブサイトにアクセスしたコンピュータがモネロを自動採掘し、ハッカーが報酬を受け取る仕組みとなっていた。テクストヘルプは調査を進めており、ブラウズアラウドの使用を一時的に停止している。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. ビットコインの取引所50社がライセンス申請

  2. ロシアの規制状況

  3. SBI Ripple Asiaの為替一元化コンソーシアムに42邦銀参加…

  4. スペインで「ブロックチェーン企業への特別減税法」検討か

  5. SECは規制強化へ、最優先は「ICO」

  6. ビットコインキャッシュがコア

PAGE TOP

ニュース

「ICO禁止」は違憲となるか[韓国]

ニュース

石油業界の変化[アブダビ国営石油会社、IBMと提携]

ニュース

昨日(12/10)のニュースまとめ

ニュース

資金決済法・金商法の改正【暗号通貨業界どう変わる】

ニュース

中国、STOも規制へ[STOとは]

ニュース

特許申請盛んなマスターカード、今度は取引の匿名化

ニュース

CBDCの実現

ニュース

活発になるEUの動き[法規制整備で健全化]