ニュース

米英政府機関ウェブサイトにも仮想通貨採掘マルウェア仕組まれる

世界4,200以上のウェブサイトに「仮想通貨モネロ」を採掘するマルウェアが仕組まれたことをテクノロジー関連の英情報サイト、ザ・レジスターが報じた。

採掘に悪用されたサイトは共通して米テクストヘルプが提供する「Browsealoud(ブラウズアラウド)」というソフトウェアを使用していたという。視覚障害者向けに画面を読み上げる有名なソフトウェアであり、公共機関で多く導入されていた。被害にあったウェブサイトには、米国や英国の政府機関のウェブサイトも含まれる。

マルウェアが埋め込まれたウェブサイトにアクセスしたコンピュータがモネロを自動採掘し、ハッカーが報酬を受け取る仕組みとなっていた。テクストヘルプは調査を進めており、ブラウズアラウドの使用を一時的に停止している。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. Bitcoinマネロン犯のその後

  2. CFTC「インターネット規制のような無害な規制を」

  3. 暗号通貨取引所の口座開設するにあたって

  4. ビットコイン強気派のリー氏、今年半ばに最高値を更新と予想

  5. ゴールドマンサックスが読むブロックチェーン

  6. ビットコインで車を買う!

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨の慈善活動と政治活動での扱いの差

ニュース

昨日(9/25)のニュースまとめ

ニュース

「情報銀行」への日本企業・団体・政府の動き

ニュース

知らないうちにXRPを利用する環境へ

ニュース

SBI VC、12月に暗号通貨の入出金受付、ETHの取り扱い開始へ

ニュース

ドバイ、政府内決済システムにブロックチェーン技術で透明性・正確性の確保

ニュース

昨日(9/24)のニュースまとめ

ニュース

BitPesaとSBIレミットが提携[アフリカ市場の成長促進]