ニュース

米英政府機関ウェブサイトにも仮想通貨採掘マルウェア仕組まれる

世界4,200以上のウェブサイトに「仮想通貨モネロ」を採掘するマルウェアが仕組まれたことをテクノロジー関連の英情報サイト、ザ・レジスターが報じた。

採掘に悪用されたサイトは共通して米テクストヘルプが提供する「Browsealoud(ブラウズアラウド)」というソフトウェアを使用していたという。視覚障害者向けに画面を読み上げる有名なソフトウェアであり、公共機関で多く導入されていた。被害にあったウェブサイトには、米国や英国の政府機関のウェブサイトも含まれる。

マルウェアが埋め込まれたウェブサイトにアクセスしたコンピュータがモネロを自動採掘し、ハッカーが報酬を受け取る仕組みとなっていた。テクストヘルプは調査を進めており、ブラウズアラウドの使用を一時的に停止している。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. SEC、詐欺的なICOを実施した企業を起訴

  2. あなたのPCは大丈夫?勝手にマイニングを行うマルウェア

  3. インド中銀、独自通貨導入検討しながら取引禁止

  4. 存在しないはずの【行方不明取引】

  5. SEC BTCのETF承認への動き

  6. 眼鏡専門店がビットコイン決済を導入!!

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

台湾は11月に新たな規制施行予定

ニュース

国内の暗号通貨決済可能店【一覧】

ニュース

国内の暗号通貨決済可能店【一覧】

ニュース

イーサリアムのブリテン氏、トロンを批判

ニュース

マイニングに対する各国の動き

ニュース

国内の暗号通貨決済可能店【一覧】

ニュース

広告業界でもブロックチェーン技術活用

ニュース

暗号通貨関連求人の募集倍増