ニュース

米英政府機関ウェブサイトにも仮想通貨採掘マルウェア仕組まれる

世界4,200以上のウェブサイトに「仮想通貨モネロ」を採掘するマルウェアが仕組まれたことをテクノロジー関連の英情報サイト、ザ・レジスターが報じた。

採掘に悪用されたサイトは共通して米テクストヘルプが提供する「Browsealoud(ブラウズアラウド)」というソフトウェアを使用していたという。視覚障害者向けに画面を読み上げる有名なソフトウェアであり、公共機関で多く導入されていた。被害にあったウェブサイトには、米国や英国の政府機関のウェブサイトも含まれる。

マルウェアが埋め込まれたウェブサイトにアクセスしたコンピュータがモネロを自動採掘し、ハッカーが報酬を受け取る仕組みとなっていた。テクストヘルプは調査を進めており、ブラウズアラウドの使用を一時的に停止している。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. ビットコインゴールド

  2. 日本の暗号通貨に対する税制

  3. 金融庁、暗号通貨を有価証券とすべきか議論

  4. Ripple LAbs、TechnologyPioneerとして表彰さ…

  5. IBMら大手銀行参加計画で試験取引実施

  6. 取引所でハッキング被害[韓国]

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

基礎知識

【初心者向け】ICOとは

ニュース

ステラ・ルーメンズ(XLM)基盤のプラットフォーム

ニュース

昨日(7/18)のニュースまとめ

ニュース

マイニングで課金アイテムゲット

ニュース

CFA試験、暗号通貨・ブロックチェーン技術項目を導入

ニュース

ローンでの暗号通貨購入禁止

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

価格急騰中のXLMとは?