ニュース

アイスランド議員、仮想通貨マイナーに対する課税を提案

仮想通貨のマイニング運営者は豊富なエネルギーを求めてアイスランドに群がっているようだ。水力発電や地熱発電所からの新たなエネルギーで、競争力の高い価格が魅力となる。

一部の議員は、ビットコインのマイナーに対する課税を提案したという。ABC二ュースが伝えた。2008年の同国の金融危機を受けて、金融投機への懐疑的見方が強く、議会内でも強い支持を得ているという。

アイスランド西部のケプラヴィークは、仮想通貨のマイナーに魅力的な土地となっており、大規模な建設が行われている最中。この地域のエネルギー会社は、仮想通貨のマイニングにより、国のエネルギー消費が今までの倍のおおよそ100メガワットに達すると見ている。国立エネルギー局によると、これは同国の34万世帯以上のエネルギー使用料にあたるという。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. マイクロソフト創設者ビルゲイツ氏、BTCはリスキー

  2. 国内産暗号通貨 MONAコイン

  3. 中国、新たにブロックチェーン技術の実装

  4. Gatecoinが50万ドルを調達し業務を再開へ

  5. 暗号通貨規制ガイドライン発表[韓国]

  6. 相次ぐ暗号通貨業者の撤退

PAGE TOP

ニュース

xRapidの本格始動に期待が高まる

ニュース

LINE,投資で技術提携

ニュース

取引所は支援対象から除外[韓国]

ニュース

TwitterからMastodonへ移行

ニュース

暗号通貨専用の銀行と裁判所設立、検討へ

ニュース

Coinbase、確立した地位を

ニュース

Binance、技術学習サービス提供

ニュース

昨日(8/16)のニュースまとめ