ニュース

仮想通貨の割安・割高ランキング

2月13日7時30分時点における時価総額上位100通貨のデータをを抽出。同データをもとに、ビットコインをベースとして、流動性の観点から相対的に割安・割高と判断できる通貨をランキング化したコンテンツ。

■流動性の観点から【割高】と判断できる通貨

1位:イーサリアム(ETH)         +96.23%
2位:ビットコインキャッシュ(BCH)  +76.52%
3位:ステラ(XLM)             +31.80%
4位:ネム(XEM)              +53.43%
5位:アイオタ(MIOTA)          +43.40%

□流動性の観点から【割安】と判断できる通貨

1位:テザー(USDT)            -55.00%
2位:イーサリアムクラシック(ETC)  -94.22%
3位:ライトコイン(LTC)        -393.50%
4位:クアンタム(QTUM)         -817.45%
5位:トロン(TRX)            -473.98%

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. プライベートチェーンは無意味か

  2. 各取引所が金融庁の登録を報告

  3. ETH、証券化の心配なし

  4. Ripple、金融機関とブロックチェーンを繋ぐ技術を発表

  5. オーストリアの銀行がR3へ

  6. 世界、ブロックチェーン貿易に動く

PAGE TOP

ニュース

規制環境整備後の課題は人材育成か

ニュース

機関投資家参入に期待できるほど環境は整っているのか

ニュース

ドローンの個別認証にもブロックチェーン技術

ニュース

今週(10/14~10/21)の注目ニュース

ニュース

昨日(10/20)のニュースまとめ

ニュース

好材料供給が止まらないXRP

ニュース

世界統一基準での規制、いよいよか

ニュース

第7回の研究会、取引規制が焦点