ニュース

ラガルドIMF専務理事「国際的な仮想通貨規制は不可避」

国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事はCNNMoneyとのインタビューで、「問題は仮想通貨の国際的な規制が必要かどうかではなく、いつ規制を導入するかだ」と、国際的な規制が不可避であり、正当な監督が必要だとの考えを示した。

ラガルド理事はまた11日にアラブ首長国連邦(UAE)のドバイで開催されたWorld Government Summit で仮想通貨が多くの犯罪に利用されていると、他の指導者の見解に賛同した。

米商品先物取引委員会(CFTC)のコミッショナー、Quintenz氏は仮想通貨関連企業に対して、政府がかかわるまえに、自主規制機関(self-regulatory organization, SRO)を創設すべきだと推奨している。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. SBI北尾社長、コインチェックを「カス中のカス」

  2. チェコで栽培「クリプトマト」って?

  3. 格付け機関の暗号通貨評価

  4. モロッコでは仮想通貨は違法か

  5. 欧州中央銀行、仮想通貨を無視できない

  6. 暗号通貨が証券取引所で取引可能に[インドネシア]

PAGE TOP

ニュース

規制環境整備後の課題は人材育成か

ニュース

機関投資家参入に期待できるほど環境は整っているのか

ニュース

ドローンの個別認証にもブロックチェーン技術

ニュース

今週(10/14~10/21)の注目ニュース

ニュース

昨日(10/20)のニュースまとめ

ニュース

好材料供給が止まらないXRP

ニュース

世界統一基準での規制、いよいよか

ニュース

第7回の研究会、取引規制が焦点