ニュース

ラガルドIMF専務理事「国際的な仮想通貨規制は不可避」

国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事はCNNMoneyとのインタビューで、「問題は仮想通貨の国際的な規制が必要かどうかではなく、いつ規制を導入するかだ」と、国際的な規制が不可避であり、正当な監督が必要だとの考えを示した。

ラガルド理事はまた11日にアラブ首長国連邦(UAE)のドバイで開催されたWorld Government Summit で仮想通貨が多くの犯罪に利用されていると、他の指導者の見解に賛同した。

米商品先物取引委員会(CFTC)のコミッショナー、Quintenz氏は仮想通貨関連企業に対して、政府がかかわるまえに、自主規制機関(self-regulatory organization, SRO)を創設すべきだと推奨している。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 韓国、飲食店で仮想通貨支払い始まる

  2. 【なぜ?】ビットコイン価格が安値から反発した理由

  3. マレーシアで新たなルール

  4. リップルのCEOが交代、ラーセン氏からガーリンハウス氏へ

  5. スタンフォード大学、ブロックチェーン技術研究センター設立

  6. デジタルカレンシーグループが銀行に巨額投資

PAGE TOP

ニュース

xRapidの本格始動に期待が高まる

ニュース

LINE,投資で技術提携

ニュース

取引所は支援対象から除外[韓国]

ニュース

TwitterからMastodonへ移行

ニュース

暗号通貨専用の銀行と裁判所設立、検討へ

ニュース

Coinbase、確立した地位を

ニュース

Binance、技術学習サービス提供

ニュース

昨日(8/16)のニュースまとめ