ニュース

RippleTrade、本人確認書類提出期限を10月30日に延期

セキュリティ向上やマネーロンダリング防止のためにユーザーへ身分証提出を求めているRippleだが、8月30日とされていた身分証提出期限を10月30日に引き伸ばした模様。

RippleTradeのログインを行うと、書類を提出していない場合は提出が促される。

Rippleはビットコインと異なり、RippleLabsが管理団体としてネットワークやコインの管理を行っている。

同社は米国政府と協議しマネーロンダリング防止の観点からもウォレットのユーザーへ身分証明書の提出を課すことにしている。

この期限は当初8月30日であったが、現時点でウォレットにアクセスすると10月30日が提出期限となっている。

また、RippleTradeでは新規登録を再開した模様だ。

atgaba

これを受けて、XRPのレートも若干だが上昇を始めている。

昨年末には3円/XRPを超える上昇を見せたが、今年はどうなるであろうか。

関連記事

  1. OKコインが取引手数料の変更をキャンセル、コインデスクが報じる

  2. 欧州中央銀行、仮想通貨を無視できない

  3. QUOINEXがETHの手数料をさげる

  4. マスターカードが特許へ

  5. マイニング大手企業がブロックチェーン上の犯罪探知機開発

  6. ウィンクルボス兄弟、有限信託会社を設立か

会計事務所紹介センター

Rentberry

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

仮想通貨の自主規制団体がついに統合へ向け協議

ニュース

【何故】仮想通貨反対キャンペーンにポーランドの中央銀行スポンサーとなっていた

ニュース

米ホワイトハウス関係者、仮想通貨関連規制は当面先であるとの見方を示す

ニュース

Mr.Exchangeで誤作動か?ユーザーの不信感高まる

ニュース

【全額返金へ】コインベースが仮想通貨購入代金を過剰請求、VISAも認める

ニュース

テレグラムのICOは既に900億円調達済

ニュース

スイスはICOのガイドライン発表

ニュース

コインベースが大規模決済サービスへ