ニュース

ビットコインキャッシュの躍進に期待感高まる

ビットコインからハードフォークして生まれた「ビットコインキャッシュ」に期待感が高まっているようだ。

今後ビットコインキャッシュは2つの期待されている計画がある。

ひとつは、コールドウォレットの中のビットコインからハードフォークされたビットコインキャッシュを取り出すのが難しいという問題の解決のために、わかりやすい解説書の作成がされるという事だ。

もうひとつは、ビットコインキャッシュでの支払いが「二重支払い」となっていないかを確認して、なっていた場合には警告するというシステムの開発だ。

さらに、ビットコインキャッシュ推しで知られるロジャー・バー氏のサイトでは、ライトニングネットワークの導入を進めるビットコイン派に対抗して、「ビットコインキャッシュが真のビットコインである理由」を掲載した。

ビットコインキャッシュが真のビットコインである理由

  1. 手数料が安い点
  2. ブロックサイズが大きいため、取引処理能力が安定する点
  3. P2Pの現金キャッシュシステムでの決済
  4. ブロックチェーン上でスケールできる点
  5. 手数料を上げる必要がない点
  6. 決済に採用する店舗が増えている点
  7. ビットコインは手数料が高く発展途上国での使用に向かない点
  8. 開発アプローチが非中央集権的である点
  9. コインを分割したり合わせるコストが無い点
  10. 検閲に耐性がある点
  11. サトシ・ナカモトが定義した通りのデジタル署名のチェーンである点
  12. スマートコントラクトを搭載予定である点

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. マイニングマルウェアから身を守る!

  2. ビットコイン、ギリシャ国民投票の影響もあり高値維持

  3. 日本仮想通貨事業者協会の勉強会開催

  4. マネックス36億でコインチェック買収合意

  5. 電力取引にブロックチェーン技術[エネルギー業界での動き]

  6. Poloniexが詐欺に利用される?

PAGE TOP

ニュース

取引所bitFlyer、証拠金取引サービスの変更を延期

ニュース

1週間(4/15~4/20)のニュースまとめ

ニュース

昨日(4/20)のニュースまとめ

ニュース

Crypto Garage,P2Pプロトコル開発[国内サンドボックス認定企業]

ニュース

Xpring、Bolt Labsへ出資[匿名技術の導入か]

ニュース

MUFGとAkamaiの決済ネットワーク[GO-Net]2020年提供予定

ニュース

RBI,サンドボックス草案発表[暗号通貨は対象外もブロックチェーン技術は対象]

ニュース

昨日(4/19)のニュースまとめ