ニュース

中国大手の決済サービス会社がリップルネットに参加

中国国内の大手クロスボーダー決済サービス「連連(リエンリエン)」がXRPを発行するアメリカのリップル社の運営するリップルネットに加盟した。

同社はクロスボーダー決済に強く、ペイパルやアップルペイの中国における公式パートナーとなっている。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 注目のMr.Exchange

  2. 27億円のICO関連詐欺で起訴

  3. ディズニーランド3つ分のショッピングモールで暗号通貨決済導入[スロベニ…

  4. 韓国、無記名口座の使用禁止

  5. ナイジェリアの仮想通貨規制が強化

  6. 昨日(8/10)のニュースまとめ

PAGE TOP

ニュース

SBI VC、12月に暗号通貨の入出金受付、ETHの取り扱い開始へ

ニュース

ドバイ、政府内決済システムにブロックチェーン技術で透明性・正確性の確保

ニュース

昨日(9/24)のニュースまとめ

ニュース

BitPesaとSBIレミットが提携[アフリカ市場の成長促進]

ニュース

AUDを担保にしたステーブルコイン発行へ[ステーブルコインに注目集まる]

ニュース

中国第5回格付け発表、Binanceもコイン評価開始へ

ニュース

1週間(9/18~9/24)のニュースまとめ

ニュース

Zaifに資金援助するFISCO、援助できるほど資金に余裕があるのか