ニュース

ニューヨーク州のBitLicense、22の申込を受付

ニューヨーク州金融サービス局は、仮想通貨関連事業者から22もの申込を受け取ったようだ。

BitLicenseはニューヨーク州で仮想通貨関連事業を行うのに必要な免許だが、同州で事業展開に臨む企業が多いことが伺える。

ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)のMatt Anderson氏は、「長期的な視野にたてば、この仕組は皆にとって役立つものになると考えています。強力な消費者保護の仕組みと規制と共にビジネスを行いたいと思う企業はこの申請手続きを進めることでしょう。申請の数は、この規制が必要とされていることを物語っています。」と語っている。

一定の規制下で仮想通貨ビジネスが発展できれば、将来的にはその規制が消費者を守り業界の発展へと寄与する可能性が見えてきそうだ。

 

関連記事

  1. なぜ?コインチェックが認可されない理由とは!!

  2. IBM、インドで開催されるブロックチェーンのイベントをスポンサー

  3. インド、暗号通貨友好国を調査 規制緩和か

  4. コインリストの規制遵守サービスの資金調達920万ドル達成

  5. 昨日(9/14)のニュースまとめ

  6. ブロックチェーンを用いたシステムの評価軸が作成される

PAGE TOP

ニュース

ステーブルコイン、取引所に続々上場

ニュース

xRapidでの活用だけでなく、決済手段としても択ばれるXRP

ニュース

本日、テックビューロの株主総会 22日には公告予定

ニュース

昨日(10/18)のニュースまとめ

ニュース

日本の税金問題[所得の把握に注力]

ニュース

新規口座開設キャンペーン[Liquid・BITPoint]

ニュース

XRPの注目高まる[Liquidのレバレッジ取引に追加]

ニュース

昨日(10/17)のニュースまとめ