ニュース

次はイタリア「取引所から不正流出」200億円相当

イタリアの仮想通貨取引所ビットグレイルから名称変更をしたばかりの仮想通貨「ナノ」が不正流出し、その額が約200億円にも及んでいるという。

⇒「レイブロックスがナノに改名」を読む

不正流出の原因は「ハッキング」によるものだと同取引所は明らかにしているが、先月から1日当たりの出金できる金額に制限(1日最大10BTC)を設けており、ネット上では「匿名の経営者による”持ち逃げ”疑惑」も浮上している。

また同取引所CEOとナノ開発チームには互いに意見が合わず協力関係にはないようだ。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. インド最高裁、中銀に対し対応処置命令[不明瞭な法規制]

  2. コインチェックハッキング事件に北朝鮮関与か=韓国ハンギョレ紙

  3. 取引所OKEx、独自チェーン・DEXの計画発表[大手取引所によるDEX…

  4. ETH、証券化の心配なし

  5. 短期的な値幅取りを意識したスタンス

  6. 中国、ブロックチェーン技術の標準化を重点テーマに

PAGE TOP

ニュース

EVETokenとは?取引所bitcastle[コインの森]

ニュース

Nayuta、NayutaWalletソースコード公開

ニュース

BitClub、詐欺で逮捕

ニュース

竹田泰氏、ステーブルコイン[xcoin]発行計画[プライベートチェーンでの発行]…

ニュース

取引所HuobiでBTC還元キャンペーン

ニュース

昨日(12/10)のニュースまとめ

ニュース

1週間(12/3~12/10)のニュースまとめ

ニュース

関西電力・日本ユニシス、共同研究[ブロックチェーン]