ニュース

次はイタリア「取引所から不正流出」200億円相当

イタリアの仮想通貨取引所ビットグレイルから名称変更をしたばかりの仮想通貨「ナノ」が不正流出し、その額が約200億円にも及んでいるという。

⇒「レイブロックスがナノに改名」を読む

不正流出の原因は「ハッキング」によるものだと同取引所は明らかにしているが、先月から1日当たりの出金できる金額に制限(1日最大10BTC)を設けており、ネット上では「匿名の経営者による”持ち逃げ”疑惑」も浮上している。

また同取引所CEOとナノ開発チームには互いに意見が合わず協力関係にはないようだ。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. みずほ銀行がIBMと開発した「みずほマネー」の検証実験を実施

  2. オーストラリア、ICO規制改正

  3. 「密告で儲ける!?」米SECが仕手グループに警告

  4. クロスチェーン技術とは[初心者向け]

  5. アメリカのスタートアップ企業300万ドル調達に成功

  6. 仮想通貨企業、スイスに拠点集中

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

基礎知識

【初心者向け】ICOとは

ニュース

ステラ・ルーメンズ(XLM)基盤のプラットフォーム

ニュース

昨日(7/18)のニュースまとめ

ニュース

マイニングで課金アイテムゲット

ニュース

CFA試験、暗号通貨・ブロックチェーン技術項目を導入

ニュース

ローンでの暗号通貨購入禁止

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

価格急騰中のXLMとは?