ニュース

次はイタリア「取引所から不正流出」200億円相当

イタリアの仮想通貨取引所ビットグレイルから名称変更をしたばかりの仮想通貨「ナノ」が不正流出し、その額が約200億円にも及んでいるという。

⇒「レイブロックスがナノに改名」を読む

不正流出の原因は「ハッキング」によるものだと同取引所は明らかにしているが、先月から1日当たりの出金できる金額に制限(1日最大10BTC)を設けており、ネット上では「匿名の経営者による”持ち逃げ”疑惑」も浮上している。

また同取引所CEOとナノ開発チームには互いに意見が合わず協力関係にはないようだ。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. リップル、2900万ドル分のXRPを寄付

  2. XRPはAmazonで利用されるようになる

  3. 1週間(6/18~23)のニュースまとめ

  4. PoSって?

  5. バークシャーハサウェィの副会長「ビットコインは有害な毒だ」

  6. Coinbase、銀行ライセンス取得に動き出す

PAGE TOP

ニュース

みずほ情報総研、ブロックチェーン活用プラットフォームの実証実験

ニュース

みんなのビットコイン、サービススケジュール[楽天での暗号通貨決済]

ニュース

GMOコイン、ウォレットアプリバージョンアップ[キャンペーンも開催]

ニュース

確定申告開始[スマホからの申告も可能に]

ニュース

Coinmama,個人情報流失[パスワード変更を呼びかけ]

ニュース

昨日(2/17)のニュースまとめ

ニュース

違法な業者かの確認を‼[詐欺・商法の例]

ニュース

1週間(2/11~2/17)のニュースまとめ