ニュース

次はイタリア「取引所から不正流出」200億円相当

イタリアの仮想通貨取引所ビットグレイルから名称変更をしたばかりの仮想通貨「ナノ」が不正流出し、その額が約200億円にも及んでいるという。

⇒「レイブロックスがナノに改名」を読む

不正流出の原因は「ハッキング」によるものだと同取引所は明らかにしているが、先月から1日当たりの出金できる金額に制限(1日最大10BTC)を設けており、ネット上では「匿名の経営者による”持ち逃げ”疑惑」も浮上している。

また同取引所CEOとナノ開発チームには互いに意見が合わず協力関係にはないようだ。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. プライベートチェーンは無意味か

  2. 昨日(8/26)のニュースまとめ

  3. Lightning Labs、250万ドル資金調達、投資家はツィッター…

  4. 大暴落で取引所に痛手か

  5. また6億円相当の没収されたBTCがオークションか

  6. 国内でのマイニング事業

PAGE TOP

ニュース

第7回の研究会、取引規制が焦点

質問コーナー

RPGcoinとは?[質問コーナー]

ニュース

昨日(10/19)のニュースまとめ

ニュース

ステーブルコイン、取引所に続々上場

ニュース

xRapidでの活用だけでなく、決済手段としても択ばれるXRP

ニュース

本日、テックビューロの株主総会 22日には公告予定

ニュース

昨日(10/18)のニュースまとめ

ニュース

日本の税金問題[所得の把握に注力]