ニュース

米カリフォルニア州の主要都市がICOを計画

アメリカカリフォルニア州アラメダ郡にある都市「バークレー」が廉価住宅供給プロジェクトを推進するためICOを計画しているようだ。

民間の大学やスタートアップ企業などと連携をとっている同市長や市議会議員は、以前トランプ大統領から同市の政治思想を揶揄されたことに対抗しているのではとも報じられている。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 【続々登場】カンボジアも独自の仮想通貨を発行へ

  2. ライトニングネットワーク上でポケモン

  3. オランダICOに警告

  4. 昨日(7/10)のニュースまとめ

  5. ノースカロライナ州、欧PMPに証券売却停止命令

  6. 昨日(6/24)のニュースまとめ

PAGE TOP

技術

トランプ政権とも関係を持つRipple

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場

ニュース

サイバー対策にAI活用[内部不正防止にも]

ニュース

GMOも日本円を担保にしたステーブルコイン開発へ[中国では]