ニュース

米カリフォルニア州の主要都市がICOを計画

アメリカカリフォルニア州アラメダ郡にある都市「バークレー」が廉価住宅供給プロジェクトを推進するためICOを計画しているようだ。

民間の大学やスタートアップ企業などと連携をとっている同市長や市議会議員は、以前トランプ大統領から同市の政治思想を揶揄されたことに対抗しているのではとも報じられている。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 日本初の暗号通貨ファンドがICONと提携

  2. XRP基軸化とともにxRapid導入も進む

  3. SBI VC、12月に暗号通貨の入出金受付、ETHの取り扱い開始へ

  4. ブロックチェーンプロジェクトは短命

  5. 1週間(10/7~10/14)の注目記事

  6. 日本で仮想通貨被害が急増

PAGE TOP

ニュース

MyEtherWallet、KYCなしに暗号通貨・法定通貨取引可能に

ニュース

みずほ、[J-coin-Pay]サービス3月から開始!!

ニュース

返済できない負債を暗号通貨で返済[WFCの実態]

ニュース

証券業界、利便性向上のための構想[ブロックチェーン技術・DLT]

ニュース

Ripple社、[Just-in-time]の重要性について語る[Mercury…

ニュース

Liquidでも、クレジット・デビットカード決済可能に

ニュース

昨日(2/21)のニュースまとめ

ニュース

GMO.レバレッジ取引専用ツールの提供