ニュース

米カリフォルニア州の主要都市がICOを計画

アメリカカリフォルニア州アラメダ郡にある都市「バークレー」が廉価住宅供給プロジェクトを推進するためICOを計画しているようだ。

民間の大学やスタートアップ企業などと連携をとっている同市長や市議会議員は、以前トランプ大統領から同市の政治思想を揶揄されたことに対抗しているのではとも報じられている。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. ビットコイン価格、一年前の倍に上昇

  2. 暗号通貨への関心高くとも、技術に関しては関心低く

  3. モロッコでは仮想通貨は違法か

  4. DMM Bitcoin、生体認証対応[声・顔・指紋]

  5. SBI,本格的に動き出す

  6. 議員の差別発言、なかったことに?[発言まとめ]

PAGE TOP

ニュース

昨日(5/21)のニュースまとめ

ニュース

情報商材で得た利益申告せず、3.3億の申告漏れ[暗号通貨を悪用]

ニュース

Ripple社のロックアップに関する指摘[仕組みに対する誤解?]

ニュース

ソラミツ株式会社のKYCシステム、BCA採用[情報の共有]

ニュース

USDC,アメリカドル担保に関する監査結果を公表[十分な準備金が存在]

ニュース

昨日(5/20)のニュースまとめ

ニュース

消費増税時のキャッシュレス決済還元政策実施に向けた準備

ニュース

ハードウェアウォレットLedgerの売上急増[取引所ハッキングを受け]