ニュース

独自仮想通貨発行のベネズエラ、貿易相手国が受け入れへ

経済発展に向けて独自の仮想通貨を発行するに至ったベネズエラ。その ベネズエラのホセ・ビエルマ・モラ貿易・国際投資大臣は、一部の貿易相手国がベネズエラの独自仮想通貨「ペトロ」での支払いを受け入れる予定があると発表した。

⇒「ペトロのプレセール開始」を読む

受け入れの姿勢を見せているのは、「ブラジル」「ポーランド」「デンマーク」「ノルウェー」など、またアジア地域では「ベトナム」も検討しているようだ。

イーサリアムブロックチェーンで事前に採掘されている「ペトロ」のプレセールは3月19日まで。その翌日から、ICOが始まり、1ペトロにつき約60ドルとなっている。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. ウズベキスタン、暗号通貨業界の発展を目指す

  2. bitFlyer顧客対応窓口を新たに開設

  3. SWIFTはブロックチェーンを歓迎?

  4. ブロックチェーンでの投票終了

  5. 1500万円相当の暗号通貨による選挙支援献金

  6. オリンピック選手のスポンサー料に仮想通貨決済

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

基礎知識

【初心者向け】ICOとは

ニュース

ステラ・ルーメンズ(XLM)基盤のプラットフォーム

ニュース

昨日(7/18)のニュースまとめ

ニュース

マイニングで課金アイテムゲット

ニュース

CFA試験、暗号通貨・ブロックチェーン技術項目を導入

ニュース

ローンでの暗号通貨購入禁止

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

価格急騰中のXLMとは?