ニュース

IRS、脱税手段としての仮想通貨利用を捜査へ

米国国税庁(IRS)は、外国の銀行口座利用と同様、脱税の方法としてビットコインなど仮想通貨が利用される可能性に監視を強めている。

アメリカ政府の税徴収機関は国際犯罪への対処で、10人の捜査員からなる特別チームを編成。主要な責務のひとつは、税逃れのために仮想通貨資産を利用しようとする投資家を特定することだという。

2013年から2015年に、IRSはコインベースに少なくとも2万ドルの利益を得たおおよそ14000人の顧客の取引明細を提出するよう指示。

判事は多くのコインベースの顧客はビットコインの取引で得た収益をIRSに報告しておらず、こういった納税者を捜査する正当な権利があると主張した。IRSの捜査では、仮想通貨プラートフォーム、取引所に焦点をあてているという。

アメリカでは、4月15日が所得税の確定申告の期限となっている。尚、日本では2月16日より確定申告が開始される。

⇒「確定申告無料相談」へ

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

 

関連記事

  1. 日本初レンディングサービス特化CoinOn

  2. CoinDeskのイベントボイコット

  3. アメックスはビットコイン・ブロックチェーンをどう捉えているか?

  4. マイニング電力、入札制

  5. ハッカーたちの餌、交換会社

  6. エンドトゥーエンドのマイクロペイメントが可能だと証明される

PAGE TOP

ニュース

昨日(10/17)のニュースまとめ

ニュース

Microsoft、分散型IDの開発を発表[個人情報も自分で守る環境へ]

ニュース

制裁回避手段としての利用準備を進めるイランと監視強化を行うアメリカ

ニュース

ビッグデータの活用、分散型への歩み

ニュース

昨日(10/16)のニュースまとめ

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]