ニュース

欧州証券市場監督局は仮想通貨を含む金融改革の監督を優先

欧州証券市場監督局(ESMA)が仮想通貨の監督を2018年の優先事項に位置付けたことが、公表されたアジェンダにより明らかになった。

2018年の重点テーマ5つのうちの1つに、初めて仮想通貨やブロックチェーン技術の発展を含む金融イノベーションの監督が挙げられた。

ESMAは「2018年に欧州連合(EU)域内の証券市場における金融イノベーションの急速な発展を見込んでいる」との見解を示した。これにより証券の発展、取引、監督の方法に影響を及ぼすとし「仮想通貨、ICOなどのプラットフォーム、ブロックチェーン技術の台頭に関する基礎分析を行っている」と表明した。

アジェンダでは、EU加盟国の中央銀行もESMAの取り組みに合わせ、ICOや仮想通貨関連の金融イノベーションに対する監督に焦点を当てていく方針であることも示された。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. コインチェックの今後の見通し

  2. マイニングの需要考え規制変更

  3. 暗号通貨関連の相談、急増

  4. 検閲が行われない非中央集権型のプラットフォームDtube

  5. ブロックチェーンで見る暗号通貨の次

  6. アメリカでも不動産取引が成立

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

基礎知識

【初心者向け】ICOとは

ニュース

ステラ・ルーメンズ(XLM)基盤のプラットフォーム

ニュース

昨日(7/18)のニュースまとめ

ニュース

マイニングで課金アイテムゲット

ニュース

CFA試験、暗号通貨・ブロックチェーン技術項目を導入

ニュース

ローンでの暗号通貨購入禁止

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

価格急騰中のXLMとは?