ニュース

欧州証券市場監督局は仮想通貨を含む金融改革の監督を優先

欧州証券市場監督局(ESMA)が仮想通貨の監督を2018年の優先事項に位置付けたことが、公表されたアジェンダにより明らかになった。

2018年の重点テーマ5つのうちの1つに、初めて仮想通貨やブロックチェーン技術の発展を含む金融イノベーションの監督が挙げられた。

ESMAは「2018年に欧州連合(EU)域内の証券市場における金融イノベーションの急速な発展を見込んでいる」との見解を示した。これにより証券の発展、取引、監督の方法に影響を及ぼすとし「仮想通貨、ICOなどのプラットフォーム、ブロックチェーン技術の台頭に関する基礎分析を行っている」と表明した。

アジェンダでは、EU加盟国の中央銀行もESMAの取り組みに合わせ、ICOや仮想通貨関連の金融イノベーションに対する監督に焦点を当てていく方針であることも示された。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. デロイトがブロックチェーンを使った不動産契約情報管理の実証実験

  2. インドでCBDCの発行検討を正式発表

  3. XRP価格急騰、機能できなかった取引所の今後

  4. Zaif、67億円分流失 [経営陣は辞任へ]

  5. マイニングでの誤認逮捕に備えよう

  6. Ripple社の技術を採用した送金アプリ[邦銀61行が参加]

PAGE TOP

ニュース

金融分野におけるサイバーセキュリティ[2019年にFATF審査を控える日本]

ニュース

広がるNEMの輪[アラブ首長国連邦との協定]

ニュース

昨日(10/21)のニュースまとめ

ニュース

規制環境整備後の課題は人材育成か

ニュース

機関投資家参入に期待できるほど環境は整っているのか

ニュース

ドローンの個別認証にもブロックチェーン技術

ニュース

今週(10/14~10/21)の注目ニュース

ニュース

昨日(10/20)のニュースまとめ