ニュース

著名投資家のマイケル・ノボグラッツ氏、オンライン百科事典に出資

ヘッジファンドの元マネージャーで著名投資家のマイケル・ノボグラッツ氏とスタートアップのブロック・ワンが1月に出資したファンドが、オンライン百科事典「Everipedia」に3000万ドルを出資したと報じられている。

EveripediaはWikipediaの改良版を目的として設立された。同サイトは2017年12月にWikipediaの共同設立者の1人であるラリー・サンガー氏を最高情報責任者(CIO)に迎え、2018年中にもブロックチェーンを導入すると発表した。

同サイトはブロックチェーンを利用し、記事の編集・追加を行ったユーザーに対してインセンティブとしてトークンを付与するという。

また、記事の編集・追加時に一定のトークンを預かり、記事として承認されれば報酬のトークンを上乗せして受け取るシステムも導入するとしている。

記事が承認されなければ、預けたトークンは没収される。記事の品質向上だけでなく、ユーザーによる「荒らし」行為や不正行為の防止にもつながるようだ。

また、ブロックチェーンの導入は予定しているものの、ICOを実施する予定はないとも述べた。さらに同氏は、「多くのICOは資金調達を目的として行われているにもかかわらず、必要額以上の資金を集めている」と指摘しており、今回の資金調達も株式取引によるものだという。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. アメリカ証券取引委員会は仮想通貨ファンドも調査へ

  2. CoinCheckが出来高報酬を付与

  3. 国内取引所 DMM.Bitcoin

  4. インドの中央銀行が警笛を鳴らす

  5. 北朝鮮のサイバー攻撃が猛威を振るっている?

  6. 昨日(9/14)のニュースまとめ

PAGE TOP

技術

トランプ政権とも関係を持つRipple

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場

ニュース

サイバー対策にAI活用[内部不正防止にも]

ニュース

GMOも日本円を担保にしたステーブルコイン開発へ[中国では]