ニュース

米ライオット・ブロックチェーン、米連邦保安局ビットコイン競争入札で落札

米ライオット・ブロックチェーンは米連邦保安局が行ったビットコインの競争入札で500ビットコインを落札したことを発表した。

米連邦保安局は、入札の勝者や入札で調達した総額は公表していない。

8日付の米情報サイトのコインデスクによると、同局は3,600以上のビットコイン(現在は約3,000万ドル相当の金額)をライオット・ブロックチェーンのほか、4人の落札者に送金したことを認めたという。

犯罪により押収したビットコインを対象に競争入札が行われ、62の個人、企業などが入札に参加した。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 本日、G20とIMF・世銀の年次総会が同時開催[IMFの暗号通貨への見…

  2. ウォーレン・バフェット氏「ビットコインは悪い結末を迎える」

  3. 台湾でビットコイン保持が違法に

  4. 取引所オペレーターと詐欺主犯結託、被害額は9,000万円

  5. フィリピン経済特区で暗号通貨関連企業25社にライセンス

  6. マイニングためにジャンボジェット機をチャーターしてしまう!?

PAGE TOP

ニュース

第7回の研究会、取引規制が焦点

質問コーナー

RPGcoinとは?[質問コーナー]

ニュース

昨日(10/19)のニュースまとめ

ニュース

ステーブルコイン、取引所に続々上場

ニュース

xRapidでの活用だけでなく、決済手段としても択ばれるXRP

ニュース

本日、テックビューロの株主総会 22日には公告予定

ニュース

昨日(10/18)のニュースまとめ

ニュース

日本の税金問題[所得の把握に注力]