ニュース

米ライオット・ブロックチェーン、米連邦保安局ビットコイン競争入札で落札

米ライオット・ブロックチェーンは米連邦保安局が行ったビットコインの競争入札で500ビットコインを落札したことを発表した。

米連邦保安局は、入札の勝者や入札で調達した総額は公表していない。

8日付の米情報サイトのコインデスクによると、同局は3,600以上のビットコイン(現在は約3,000万ドル相当の金額)をライオット・ブロックチェーンのほか、4人の落札者に送金したことを認めたという。

犯罪により押収したビットコインを対象に競争入札が行われ、62の個人、企業などが入札に参加した。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. SBIは国内最大規模のICOで仮想通貨で500億円調達予定

  2. 独自仮想通貨発行のベネズエラ、貿易相手国が受け入れへ

  3. 中国、1700憶円規模のブロックチェーンファンド設立

  4. コインチェック問題の記事まとめ

  5. ビットフィネックス、顧客に課税情報要求

  6. 【独自通貨ブーム‼】マーシャル諸島も独自仮想通貨「ソブリン」発行を計画…

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

基礎知識

【初心者向け】ICOとは

ニュース

ステラ・ルーメンズ(XLM)基盤のプラットフォーム

ニュース

昨日(7/18)のニュースまとめ

ニュース

マイニングで課金アイテムゲット

ニュース

CFA試験、暗号通貨・ブロックチェーン技術項目を導入

ニュース

ローンでの暗号通貨購入禁止

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

価格急騰中のXLMとは?