ニュース

米アリゾナ州、ビットコインによる納税を検討

アリゾナ州の当局は、ブロックチェーンテクノロジーに理解を示しているが、ビットコインによる納税を許可する法案を提案しているという。

一方、全議員がこの措置を支持しているわけではない。アリゾナ州上院のSteve Farley議員はもし、ビットコイン価格が暴落した場合、納税者にリスクとなると警告。州政府はビットコインの交換に責任を持す必要があり、ドルで十分と反論した。

法案では、仮想通貨を商品ではなく通貨として認めている。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 仮想通貨の格付けイーサがビットコインを上回る

  2. 作者とファンをつなぐオタクコイン

  3. 仮想通貨に警戒抱くポーランド政府

  4. 仮想通貨の暴落をうけてネットでは自殺防止ホットライン

  5. アジア最大級イベント、東京で開催!

  6. XRP(リップル)への注目が高まる

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

基礎知識

【初心者向け】ICOとは

ニュース

ステラ・ルーメンズ(XLM)基盤のプラットフォーム

ニュース

昨日(7/18)のニュースまとめ

ニュース

マイニングで課金アイテムゲット

ニュース

CFA試験、暗号通貨・ブロックチェーン技術項目を導入

ニュース

ローンでの暗号通貨購入禁止

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

価格急騰中のXLMとは?