ニュース

カプラン米ダラス連銀総裁、当局は仮想通貨を理解し、匿名性に注視を

米国米ダラス連銀のカプラン総裁は8日にドイツ、ブランクフルトで開催されたイベントで、仮想通貨はただ消滅することはなく、当局はよく理解していく必要があるとの考えを示した。

ディジタル通貨、新たな支払い手段、ブロックチェーン、DLT(distributed ledger technology)など、今後も存続し発展していくだろうと述べ、その中で、連邦準備制度理事会(FRB)の仕事として、米国の支払いを監視する委員会として、我々の仕事は民間と協力し、理解していく努力をすることだと述べた。

こういったテクノロジーが発展した理由のひとつは、匿名性(名前を伏せること)にある可能性を指摘。世界の銀行や当局はマネーロンダリング対策で協力し、この点に注意を払う価値があると強調した。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 中央集権から地方分権に動く韓国

  2. ロシア、デジタル通貨の立ち上げを検討

  3. 金融業とビットコイン

  4. ブロックチェーン技術、食品にも適用へ

  5. G20、2018年7月までに仮想通貨規制案提示で合意

  6. IBMが小規模企業向けの安価プラン開発

PAGE TOP

ニュース

第7回の研究会、取引規制が焦点

質問コーナー

RPGcoinとは?[質問コーナー]

ニュース

昨日(10/19)のニュースまとめ

ニュース

ステーブルコイン、取引所に続々上場

ニュース

xRapidでの活用だけでなく、決済手段としても択ばれるXRP

ニュース

本日、テックビューロの株主総会 22日には公告予定

ニュース

昨日(10/18)のニュースまとめ

ニュース

日本の税金問題[所得の把握に注力]