ニュース

カプラン米ダラス連銀総裁、当局は仮想通貨を理解し、匿名性に注視を

米国米ダラス連銀のカプラン総裁は8日にドイツ、ブランクフルトで開催されたイベントで、仮想通貨はただ消滅することはなく、当局はよく理解していく必要があるとの考えを示した。

ディジタル通貨、新たな支払い手段、ブロックチェーン、DLT(distributed ledger technology)など、今後も存続し発展していくだろうと述べ、その中で、連邦準備制度理事会(FRB)の仕事として、米国の支払いを監視する委員会として、我々の仕事は民間と協力し、理解していく努力をすることだと述べた。

こういったテクノロジーが発展した理由のひとつは、匿名性(名前を伏せること)にある可能性を指摘。世界の銀行や当局はマネーロンダリング対策で協力し、この点に注意を払う価値があると強調した。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. サウジ、改革の一環としてブロックチェーン技術も

  2. 中国シンクタンク、中央銀行は仮想通貨の導入を検討すべきと提言

  3. 5月22日は『ビットコイン・ピザ』記念日

  4. 任天堂などの開発者がイーサリアムを活用してゲームを開発?!

  5. 北朝鮮のハッカーが大暴れ

  6. ロックバンドQUEENのアルゼンチンでのコンサートチケットがビットコイ…

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

基礎知識

【初心者向け】ICOとは

ニュース

ステラ・ルーメンズ(XLM)基盤のプラットフォーム

ニュース

昨日(7/18)のニュースまとめ

ニュース

マイニングで課金アイテムゲット

ニュース

CFA試験、暗号通貨・ブロックチェーン技術項目を導入

ニュース

ローンでの暗号通貨購入禁止

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

価格急騰中のXLMとは?