ニュース

Binance.com,取引再開、システムをアップグレード後

世界最大の仮想通貨取引所のひとつBinance.comはシステムアップグレードのため一時取引を中断した。その後、NY時間午前11時(日本時間9日午前1時)から取引を再開したと発表。

ネット上では「バイナンスがGOXか」と一気に話題沸騰となったが、利用再開で疑念は払拭した。

※「GOX」とは破たんのこと

同社のサービスからは日本語案内が無くなっており、どうやら日本の金融庁からの指導が入った様だ。FX業界の「FXDD」のように日本の金融庁の指導を無視し続ける大企業もあるなか、意外にも真面目に運営しているという印象を持ったユーザーも多いだろう。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. bitFlyer USAが事業開始

  2. Bittrexは3月末で80種以上のコインウォレットを廃止へ

  3. 世界、ブロックチェーン技術を選挙に活用

  4. ドレーパー氏「予想されているよりも早く浸透する」

  5. マイニング装置のセール?

  6. サンタンデール、投票にブロックチェーン技術導入

PAGE TOP

ニュース

法定通貨と暗号通貨[日銀副総裁の講演]

ニュース

金融分野におけるサイバーセキュリティ[2019年にFATF審査を控える日本]

ニュース

広がるNEMの輪[アラブ首長国連邦との協定]

ニュース

昨日(10/21)のニュースまとめ

ニュース

規制環境整備後の課題は人材育成か

ニュース

機関投資家参入に期待できるほど環境は整っているのか

ニュース

ドローンの個別認証にもブロックチェーン技術

ニュース

今週(10/14~10/21)の注目ニュース