ニュース

仮想通貨所有者の2割がクレジットカードで購入

米情報サイト、コインデスクが行った調査によると、仮想通貨を所有する人の19%が、クレジットカードもしくは信用取引により購入したことが明らかになった。

調査は1月中旬に約3,000人を対象に行われた。クレジットカードもしくは信用取引によりビットコインを購入した人のうち、52%は借金を返済したと回答した。

仮想通貨の価格が急落した場合、顧客が債務不履行に陥る可能性を懸念し、銀行による仮想通貨購入目的のカード利用禁止措置が広がっている。

先週末には、米大手金融JPモルガン・チェース、米銀大手バンク・オブ・アメリカ及び米銀行大手シティグループが仮想通貨購入目的の自社クレジットカード利用を禁止する方針を発表済み。

4日には英銀行大手ロイズ・バンキング・グループも同様の措置を発表した。クレジットカードの利用制限は、仮想通貨の価格下落の一因にもなっていると見られている。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 「暗号通貨を合法化へ」公約に掲げる

  2. BTCの機関化は起こる?

  3. SBIの取引所開始は早くて夏、待ち遠しい

  4. 仮想通貨の新団体は「みなし業者」を排除か

  5. SAPはブロックチェーンに関する計画にメンバーを大幅追加

  6. フィリピン政府、強い仮想通貨業界の規制へ

PAGE TOP

ニュース

法定通貨と暗号通貨[日銀副総裁の講演]

ニュース

金融分野におけるサイバーセキュリティ[2019年にFATF審査を控える日本]

ニュース

広がるNEMの輪[アラブ首長国連邦との協定]

ニュース

昨日(10/21)のニュースまとめ

ニュース

規制環境整備後の課題は人材育成か

ニュース

機関投資家参入に期待できるほど環境は整っているのか

ニュース

ドローンの個別認証にもブロックチェーン技術

ニュース

今週(10/14~10/21)の注目ニュース