ニュース

ブロックチェーン上での動画配信システムを目指す新興企業、2000万ドル調達

シリコンバレーの新興企業Linoが、仲介人を介さずにクリエイターへフェアな補償が行われることを目的として、ブロックチェーン上で動画配信システム構築を行う準備を進めている。

同社の2月6日の声明によれば、プライベートトークンセールで中国の投資会社Zhenfundから2,000万ドル相当の資金調達が見込まれる模様だ。

同社はサイトの中で、YouTubeがクリエイターに対して「大きな力」を有しており、利益の最大化にあたってクリエイターたちと衝突する可能性を指摘している。そして解決策として、仲介者を介さずにクリエイターとユーザーが直接つながることのできる分散型の動画配信システムの開発を揚げている。

同様の「分散型コンテンツ配信」というコンセプトで開発を進めているプロジェクトにはStreamspaceやFlixxo、Viuly、Streamなどがあるが、直近の資金調達額でLinoが注目されることとなった。

Linoの最高責任者であるウィルソン・ウィー氏はTechCrunchの取材で、クリエイターがYouTubeやその競合サイトであるTwitchの3から5倍の利益を得ることを予想していると述べている。今年後半に製品がリリースされる予定であるとしており、製品への自信も表明している。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. サンタンデール、「ブロックチェーンは200億ドル規模のコスト削減に繋が…

  2. CAMPFIREが仮想通貨取引所を開設

  3. 法定通貨よりも犯罪利用防止に役立つ暗号通貨

  4. モナコインで話題のPoWとは?

  5. SBIとコインワン子会社、リップルのシステムで契約

  6. インド中銀、独自通貨導入検討しながら取引禁止

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

基礎知識

【初心者向け】ICOとは

ニュース

ステラ・ルーメンズ(XLM)基盤のプラットフォーム

ニュース

昨日(7/18)のニュースまとめ

ニュース

マイニングで課金アイテムゲット

ニュース

CFA試験、暗号通貨・ブロックチェーン技術項目を導入

ニュース

ローンでの暗号通貨購入禁止

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

価格急騰中のXLMとは?