ニュース

ブロックチェーン上での動画配信システムを目指す新興企業、2000万ドル調達

シリコンバレーの新興企業Linoが、仲介人を介さずにクリエイターへフェアな補償が行われることを目的として、ブロックチェーン上で動画配信システム構築を行う準備を進めている。

同社の2月6日の声明によれば、プライベートトークンセールで中国の投資会社Zhenfundから2,000万ドル相当の資金調達が見込まれる模様だ。

同社はサイトの中で、YouTubeがクリエイターに対して「大きな力」を有しており、利益の最大化にあたってクリエイターたちと衝突する可能性を指摘している。そして解決策として、仲介者を介さずにクリエイターとユーザーが直接つながることのできる分散型の動画配信システムの開発を揚げている。

同様の「分散型コンテンツ配信」というコンセプトで開発を進めているプロジェクトにはStreamspaceやFlixxo、Viuly、Streamなどがあるが、直近の資金調達額でLinoが注目されることとなった。

Linoの最高責任者であるウィルソン・ウィー氏はTechCrunchの取材で、クリエイターがYouTubeやその競合サイトであるTwitchの3から5倍の利益を得ることを予想していると述べている。今年後半に製品がリリースされる予定であるとしており、製品への自信も表明している。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. デジタルバンクのWB21がビットコインの受け入れを開始へ

  2. Binance、上場手数料の真実

  3. ビットコイン強気派のリー氏、今年半ばに最高値を更新と予想

  4. 日本で仮想通貨被害が急増

  5. ビットコイン価格分析@2017 .12.2

  6. 東京大学大学院の実証実験にブロックチェーンが利用される

PAGE TOP

ニュース

第7回の研究会、取引規制が焦点

質問コーナー

RPGcoinとは?[質問コーナー]

ニュース

昨日(10/19)のニュースまとめ

ニュース

ステーブルコイン、取引所に続々上場

ニュース

xRapidでの活用だけでなく、決済手段としても択ばれるXRP

ニュース

本日、テックビューロの株主総会 22日には公告予定

ニュース

昨日(10/18)のニュースまとめ

ニュース

日本の税金問題[所得の把握に注力]