ニュース

Ripple取引所Mr.Ripple、新システムで新規登録が可能に

Rippleの公式取引所であるMr.Rippleは、7月25日より新システムを導入。

現在Rippleでは新規登録が一時停止している状態だが、この新システムを使うことで登録が可能としている。

IRBA(国際Ripple事業連合)公認のゲートウェイであるMr.Rippleが7月25日より新システムを導入している。

このシステムはMr.Ripple独自のプラットフォームでありながら、RippleLabsのウォレットと同様の機能を提供してる。

同社は今回のリリースに関し、「7月25日よりMr.Rippleのウォレットが新たなシステムのもと、Ripple tradeに先駆けて新規ウォレット作成が可能となりました。Ripple labsによる突然のシステム変更及びメンテナンスにより会員様方から、「新規ウォレット作成が出来ない」「ログイン出来ない」「読み込まなくて完了出来ない」「お知らせが英文なので分からない」などなど、様々なお声をいただきました。今回のリニューアルではこれらの不便さを修正し、Mr.Rippleの会員皆様にいち早くご利用していただく為にベータ版としてリリース致しました。」と発表している。

リップルは現在新規登録ができない状態だが、同社のシステムを利用することでRippleLabsの新規登録再開に先駆けて登録することが可能となる。

新規登録を待っている方は、コインの森内にあるMr.Rippleのバナーをクリックしてチェックしてみるとよいだろう。

関連記事

  1. ロシアの規制状況

  2. 昨日(8/1)のニュースまとめ

  3. 中国最大手の小売り「ブロックチェーン事業育成インキュベータ」

  4. クラーケン再開、ユーザー不満も対策で手数料無料

  5. アップル共同創業者ウォズニアック氏、ビットコインを騙し取られたことを告…

  6. Bithumb、商業銀行との契約更新できず

PAGE TOP

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ