ニュース

中国シンクタンク、中央銀行は仮想通貨の導入を検討すべきと提言

中国の政府系シンクタンク、中国社会科学院(CASS)が、各国の中央銀行は国際決済での仮想通貨利用を検討すべきだと主張するレポートを発表したことを7日付のロイター通信が報じた。

レポートでは、仮想通貨の利用により、国際決済にかかる時間を3-5日から1日未満に、コストは7.2%から1%以下に削減できると指摘。

仮想通貨がよりオープンで柔軟で包括的なシステムになることで、全ての発展途上国が公平に決済サービスにアクセスできるようになると主張した。

実現手法として、国際通貨基金(IMF)の主導、特定の国の主導及び両案の組み合わせ型の三案を提言した。

中国は仮想通貨に対してICO(仮想通貨技術を利用した資金調達の一種)を禁止したり取引所を閉鎖したり、厳しい規制を行っている。

その一方で、中国人民銀行(中央銀行)は独自の仮想通貨プロトタイプを試験的に運用しており、主要な中央銀行として初めてデジタル通貨を発行する可能性がある。世界ではそのほか、カナダ、ドイツ、シンガポールの中央銀行が、独自の仮想通貨の発行を検討している。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. イギリス規制状況

  2. 株式市場の動きが知りたければ、ビットコインに注目しろ

  3. 島国に共通するブロックチェーン技術への取り組み

  4. ビットコイン価格30倍以上になると予測したウィンクルボス兄弟

  5. インドは仮想通貨決済を禁止する計画

  6. NASDAQ、ブロックチェーンベースのプラットホーム公開へ

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

マイニングで課金アイテムゲット

ニュース

CFA試験、暗号通貨・ブロックチェーン技術項目を導入

ニュース

ローンでの暗号通貨購入禁止

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

価格急騰中のXLMとは?

ニュース

昨日(7/17)のニュースまとめ

ニュース

NEMのBC技術活用した投げ銭サービス!!

ニュース

世界最大手BlackRockが参入検討か