ニュース

フォーブスが仮想通貨長者番付を発表

世界長者番付で知られるアメリカの経済誌である「フォーブス」がついに仮想通貨業界の番付を発表した。

◆仮想通貨長者番付の上位(1~5位)◆

 

  • クリス・ラーセン(リップル共同創設者、54才):75~80億ドル
  • ジョセフ・ルービン(イーサリアム共同創始者及びコンセンシス創業者、53才):10~50億ドル
  • 「CZ」こと趙長鵬(バイナンスCEO、41才):11~20億ドル
  • ウィンクルボス兄弟(ウィンクルボスキャピタル創設者、36才):9~11億ドル
  • マチュー・メロン(投資家、54才):9~10億ドル

リップルの創業者で知られるクリスラーセン氏がトップとなった。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

 

関連記事

  1. 暗号通貨企業へ動く銀行、国はどう出るか

  2. 1週間(7/23~7/29)のニュースまとめ

  3. 日本のフィンテック企業PaidyにVISAが出資

  4. ブロックチェーン上での動画配信システムを目指す新興企業、2000万ドル…

  5. ドバイ、完全なブロックチェーン都市への一歩

  6. Coinbase取引高大幅減少の理由

PAGE TOP

技術

トランプ政権とも関係を持つRipple

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場

ニュース

サイバー対策にAI活用[内部不正防止にも]

ニュース

GMOも日本円を担保にしたステーブルコイン開発へ[中国では]