ニュース

ICO発表のコダック、ショートセラーの標的に⁉

米イーストマン・コダックの株式はショートセラー(空売り屋)の標的になっているようだ。

イニシャルコインオファリング(ICO)を控えて、コダックコインへの懐疑的見方が強まり、株価を売り持ちにする動きにつながっている。ショートセラーは、かつて映像関連企業の代表的存在だった同社が今後1年あまりで再度債務不履行に陥る可能性があると警告。

社運をかけたICOも同社を救うことができないだろうと指摘した。

コダック社がICOを発表する前3ドル前後だった同社株はICO発表当初12ドル近くに上昇。しかし、それ以降下落基調にある。米国東部時間7日午前時点、6.40ドル近辺で取引された。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 印仮想通貨取引所でビットコインが流出、横領行為との声も

  2. JVCEA、金融庁に税制改正要望書提出[暗号通貨の取引環境]

  3. 昨日(7/26)のニュースまとめ

  4. マクラーレン乗りますか

  5. 中国、規制強化するも詐欺は減らず

  6. 資産管理サービスでXRP等の扱い検討[Coinbase]

PAGE TOP

ニュース

ブロックチェーン投票の課題

ニュース

黒田総裁、アメリカで講演[新興国でのデジタル経済]

ニュース

金融犯罪とオリンピック[対日審査と金融機関の取り組み]

ニュース

「近鉄しまかぜコイン」の発行へ[国内地域通貨]

ニュース

昨日(10/19)のニュースまとめ

ニュース

詐欺的な投資勧誘に注意[初心者向け]

ニュース

仮想通貨の投資助言に関する法律[なんでも相談室]

ニュース

公正取引委員会、実態調査へ[キャッシュレス決済]