ニュース

ICO発表のコダック、ショートセラーの標的に⁉

米イーストマン・コダックの株式はショートセラー(空売り屋)の標的になっているようだ。

イニシャルコインオファリング(ICO)を控えて、コダックコインへの懐疑的見方が強まり、株価を売り持ちにする動きにつながっている。ショートセラーは、かつて映像関連企業の代表的存在だった同社が今後1年あまりで再度債務不履行に陥る可能性があると警告。

社運をかけたICOも同社を救うことができないだろうと指摘した。

コダック社がICOを発表する前3ドル前後だった同社株はICO発表当初12ドル近くに上昇。しかし、それ以降下落基調にある。米国東部時間7日午前時点、6.40ドル近辺で取引された。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. フランス中銀がブロックチェーンの実証実験を実施

  2. カメラメーカーのコダックが仮想通貨業界参入で株価高騰

  3. シンガポール中銀、ブロックチェーン活用した決済に注力

  4. 新たな確定申告ツール

  5. サイバー対策にAI活用[内部不正防止にも]

  6. コインチェック更に提訴される

PAGE TOP

ニュース

法定通貨と暗号通貨[日銀副総裁の講演]

ニュース

金融分野におけるサイバーセキュリティ[2019年にFATF審査を控える日本]

ニュース

広がるNEMの輪[アラブ首長国連邦との協定]

ニュース

昨日(10/21)のニュースまとめ

ニュース

規制環境整備後の課題は人材育成か

ニュース

機関投資家参入に期待できるほど環境は整っているのか

ニュース

ドローンの個別認証にもブロックチェーン技術

ニュース

今週(10/14~10/21)の注目ニュース