ニュース

英ヴァージン・マネー、ロイズなどに続きクレジットカードによる仮想通貨の購入を禁止

英ヴァージン・グループ傘下の銀行ヴァージン・マネーが、クレジットカードによる仮想通貨の購入を禁止した。

米国ではJPモルガン・チェース及びバンク・オブ・アメリカ、シティグループの3行が3日、クレジットカードによる仮想通貨の購入を禁止しており、英国でもロイズが5日に禁止を発表している。しかし、クレジットカードによる購入が禁止された一方で、デビットカードによる購入は今のところ制限されていない。

クレジットカードによる仮想通貨購入禁止の背景には、仮想通貨価格のボラティリティの高さがある。カードローンを利用して仮想通貨を購入した利用者の返済が、相場急落などによって滞ることを懸念しているとの見方があるようだ。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 暗号通貨の解説を行うVTuber

  2. レンディングサービスとは?

  3. ブロックチェーンインフラ構築計画[韓国]

  4. Purse.io、日本でのサービス拡充を計画

  5. インド、国を挙げてのブロックチェーン技術教育

  6. Binance.com,取引再開、システムをアップグレード後

PAGE TOP

ニュース

Ethereumのアップグレード2度目の延期へ

ニュース

BTCのハッシュレート分散化[Bitmain事業縮小]

ニュース

取引所Cryptopia,ハッキング事件か出口詐欺か

ニュース

マレーシア、暗号通貨規制導入

ニュース

昨日(1/16)のニュースまとめ

ニュース

資金洗浄・テロ資金供与とは[基礎知識]

ニュース

Liquid、QASH保有量・期間に応じてXRPプレゼント

ニュース

昨日(1/15)のニュースまとめ