ニュース

英ヴァージン・マネー、ロイズなどに続きクレジットカードによる仮想通貨の購入を禁止

英ヴァージン・グループ傘下の銀行ヴァージン・マネーが、クレジットカードによる仮想通貨の購入を禁止した。

米国ではJPモルガン・チェース及びバンク・オブ・アメリカ、シティグループの3行が3日、クレジットカードによる仮想通貨の購入を禁止しており、英国でもロイズが5日に禁止を発表している。しかし、クレジットカードによる購入が禁止された一方で、デビットカードによる購入は今のところ制限されていない。

クレジットカードによる仮想通貨購入禁止の背景には、仮想通貨価格のボラティリティの高さがある。カードローンを利用して仮想通貨を購入した利用者の返済が、相場急落などによって滞ることを懸念しているとの見方があるようだ。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 【なぜ?】ビットコイン価格が安値から反発した理由

  2. 富士通研究所が取引性能を高速化させる技術を開発

  3. 国内取引所Coincheck、Androidアプリをリリース

  4. 台湾が暗号通貨に反資金洗浄法

  5. 中国格付けで1位となったETHって?

  6. SONYもマイニング事業参入か

PAGE TOP

ニュース

日本の税金問題[所得の把握に注力]

ニュース

新規口座開設キャンペーン[Liquid・BITPoint]

ニュース

XRPの注目高まる[Liquidのレバレッジ取引に追加]

ニュース

昨日(10/17)のニュースまとめ

ニュース

Microsoft、分散型IDの開発を発表[個人情報も自分で守る環境へ]

ニュース

制裁回避手段としての利用準備を進めるイランと監視強化を行うアメリカ

ニュース

ビッグデータの活用、分散型への歩み

ニュース

昨日(10/16)のニュースまとめ