ニュース

英ヴァージン・マネー、ロイズなどに続きクレジットカードによる仮想通貨の購入を禁止

英ヴァージン・グループ傘下の銀行ヴァージン・マネーが、クレジットカードによる仮想通貨の購入を禁止した。

米国ではJPモルガン・チェース及びバンク・オブ・アメリカ、シティグループの3行が3日、クレジットカードによる仮想通貨の購入を禁止しており、英国でもロイズが5日に禁止を発表している。しかし、クレジットカードによる購入が禁止された一方で、デビットカードによる購入は今のところ制限されていない。

クレジットカードによる仮想通貨購入禁止の背景には、仮想通貨価格のボラティリティの高さがある。カードローンを利用して仮想通貨を購入した利用者の返済が、相場急落などによって滞ることを懸念しているとの見方があるようだ。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. インド、国を挙げてのブロックチェーン技術教育

  2. 公文書館でブロックチェーンプロジェクト[イギリス]

  3. ロシアが強い規制か

  4. イスラムの銀行がブロックチェーンを研究

  5. 自称”億り人”は嘘だった!?

  6. ドバイ、完全なブロックチェーン都市への一歩

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

マイニングで課金アイテムゲット

ニュース

CFA試験、暗号通貨・ブロックチェーン技術項目を導入

ニュース

ローンでの暗号通貨購入禁止

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

価格急騰中のXLMとは?

ニュース

昨日(7/17)のニュースまとめ

ニュース

NEMのBC技術活用した投げ銭サービス!!

ニュース

世界最大手BlackRockが参入検討か