ニュース

BIS総支配人、ビットコインは「バブルと詐欺行為と環境破壊の組み合わせ」

国際決済銀行(BIS)のアグスティン・カルステンス総支配人は6日、各国の中央銀行と金融当局に対し仮想通貨に関して対応を準備する必要があるとの見解を示したことが一部メディアの報道により明らかになった。

同氏は独ゲーテ大学で講演を行い、仮想通貨は通貨として適さないと見ていることを明かしたという。仮想通貨は「消費者と投資家に関する懸念を引き起こす恐れがある」として、金融当局は消費者と投資家の保護に向けて対応を準備する必要があるとの考えを示した。基準を満たした取引所や商品のみが、銀行や決済サービスとしてアクセスできるようにするべきと主張した。

また、仮想通貨が定着し中央銀行の信頼を失墜させることがないよう、各国の中央銀行に対応を求めた。実施すべき具体策については言及されていない。ビットコインについては「バブルと詐欺行為と環境破壊の組み合わせ」と厳しく批判した。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. フランス、経済政策でICO許可

  2. 円相場急落

  3. 公共交通機関で暗号通貨決済導入[ブラジル]

  4. イーサリアムは更なる利便性を求める

  5. ロシア、W杯や制裁の影響で暗号通貨導入増加

  6. NEMのミートアップ、タイで

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

基礎知識

【初心者向け】ICOとは

ニュース

ステラ・ルーメンズ(XLM)基盤のプラットフォーム

ニュース

昨日(7/18)のニュースまとめ

ニュース

マイニングで課金アイテムゲット

ニュース

CFA試験、暗号通貨・ブロックチェーン技術項目を導入

ニュース

ローンでの暗号通貨購入禁止

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

価格急騰中のXLMとは?