ニュース

BIS総支配人、ビットコインは「バブルと詐欺行為と環境破壊の組み合わせ」

国際決済銀行(BIS)のアグスティン・カルステンス総支配人は6日、各国の中央銀行と金融当局に対し仮想通貨に関して対応を準備する必要があるとの見解を示したことが一部メディアの報道により明らかになった。

同氏は独ゲーテ大学で講演を行い、仮想通貨は通貨として適さないと見ていることを明かしたという。仮想通貨は「消費者と投資家に関する懸念を引き起こす恐れがある」として、金融当局は消費者と投資家の保護に向けて対応を準備する必要があるとの考えを示した。基準を満たした取引所や商品のみが、銀行や決済サービスとしてアクセスできるようにするべきと主張した。

また、仮想通貨が定着し中央銀行の信頼を失墜させることがないよう、各国の中央銀行に対応を求めた。実施すべき具体策については言及されていない。ビットコインについては「バブルと詐欺行為と環境破壊の組み合わせ」と厳しく批判した。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. マイニングプログラムを不正に埋め込み、有罪

  2. 12.4憶ドルをBTCに資金洗浄利用

  3. インフォテリアとテックビューロ、 世界で初めてマイクロファイナンスでの…

  4. 暗号通貨は決済手段として普及するのか

  5. MUFG、数年内の実用化に向けリップル実証実験

  6. 昨日(8/12)のニュースまとめ

PAGE TOP

ニュース

第7回の研究会、取引規制が焦点

質問コーナー

RPGcoinとは?[質問コーナー]

ニュース

昨日(10/19)のニュースまとめ

ニュース

ステーブルコイン、取引所に続々上場

ニュース

xRapidでの活用だけでなく、決済手段としても択ばれるXRP

ニュース

本日、テックビューロの株主総会 22日には公告予定

ニュース

昨日(10/18)のニュースまとめ

ニュース

日本の税金問題[所得の把握に注力]