ニュース

米規制当局、仮想通貨監視強化を議会に要請か

規制当局が仮想通貨の取引や投資の監視を強化する新たな法的措置を議会に要請することを検討していることが明らかになった。

6日に開催された米上院銀行委員会の公聴会にて、米証券取引委員会(SEC)のジェイ・クレイトン委員長と米商品先物取引委員会(CFTC)のJ・クリストファー・ジャンカルロ委員長が証言を行った。一部報道によるとクレイトン氏は、両機関が仮想通貨に関して米財務省と米連邦準備制度理事会(FRB)と連携しており、合同で法的措置の追加を要求する可能性があることを明かしたという。

公聴会ではクレイトン氏とジャンカルロ氏が、市場監視の取り組みについて説明するとともに、現行の規制体制の課題を指摘した。SECとCFTC、財務省、FRB、各州当局による規制体制には抜け穴があるとして、法律によって仮想通貨を規制する機関を明確化することが改善につながると伝えた。

尚、上院銀行委員会は、仮想通貨に関する新たな法的措置の導入を認めるか方針を明らかにしていない。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. データ取引市場の成長で新たなビジネスの誕生促進

  2. サンタンデール、「ブロックチェーンは200億ドル規模のコスト削減に繋が…

  3. 日本金融機関、海外送金を大きく変える

  4. アメリカでも仮想通貨の優遇法進む

  5. EU議会が仮想通貨を匿名禁止にする改正案

  6. ライトニングネットワーク上でポケモン

PAGE TOP

ニュース

金融分野におけるサイバーセキュリティ[2019年にFATF審査を控える日本]

ニュース

広がるNEMの輪[アラブ首長国連邦との協定]

ニュース

昨日(10/21)のニュースまとめ

ニュース

規制環境整備後の課題は人材育成か

ニュース

機関投資家参入に期待できるほど環境は整っているのか

ニュース

ドローンの個別認証にもブロックチェーン技術

ニュース

今週(10/14~10/21)の注目ニュース

ニュース

昨日(10/20)のニュースまとめ