ニュース

仮想通貨の割安・割高ランキング

2月7日7時30分時点における時価総額上位100通貨のデータをを抽出。同データをもとに、ビットコインをベースとして、流動性の観点から相対的に割安・割高と判断できる通貨をランキング化。

■流動性の観点から【割高】と判断できる通貨

1位:イーサリアム(ETH)         +96.13%
2位:ビットコインキャッシュ(BCH)  +93.77%
3位:リップル(XRP)           +56.04%
4位:ネム(XEM)              +26.43%
5位:アイオタ(MIOTA)          +24.83%

□流動性の観点から【割安】と判断できる通貨

1位:テザー(USDT)            -26.40%
2位:ステータス(SNT)         -136.18%
3位:イオス(EOS)             -35.47%
4位:カルダノ(ADA)           -779.37%
5位:ライトコイン(LTC)        -361.93%

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 投資先としても、避難先としても活躍する暗号通貨

  2. スウェーデンでブロックチェーン使った不動産取引が成立

  3. ツイキャスで暗号通貨配布キャンペーン

  4. 新たなパートナーシップ「アメリカのビットペイと韓国のビッサム」

  5. LastRoots、3.5憶円の第三者割当増資[引受先はオウケイウェイ…

  6. Ripple社、xRapidと他のサービスとの差別化どう図る

PAGE TOP

ニュース

bitFlyerHD,100%子会社設立[ブロックチェーン事業へ]

ニュース

昨日(5/24)のニュースまとめ

ニュース

Coinbase Commerce、2種のステーブルコイン採用[USDC・DAI…

ニュース

KYCCとマネーパートナーズ業務提携[暗号通貨業界の健全化へ]

ニュース

暗号通貨ウォレットWodca,アプリリリース[暗号通貨の管理より簡単に]

ニュース

SBI,アート市場でのブロックチェーン活用[アートバーンへ追加出資]

ニュース

昨日(5/23)のニュースまとめ

ニュース

キャッシュレス決済サービス、PayPayとは[利用可能店舗]