ニュース

仮想通貨の割安・割高ランキング

2月7日7時30分時点における時価総額上位100通貨のデータをを抽出。同データをもとに、ビットコインをベースとして、流動性の観点から相対的に割安・割高と判断できる通貨をランキング化。

■流動性の観点から【割高】と判断できる通貨

1位:イーサリアム(ETH)         +96.13%
2位:ビットコインキャッシュ(BCH)  +93.77%
3位:リップル(XRP)           +56.04%
4位:ネム(XEM)              +26.43%
5位:アイオタ(MIOTA)          +24.83%

□流動性の観点から【割安】と判断できる通貨

1位:テザー(USDT)            -26.40%
2位:ステータス(SNT)         -136.18%
3位:イオス(EOS)             -35.47%
4位:カルダノ(ADA)           -779.37%
5位:ライトコイン(LTC)        -361.93%

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 英国では遠隔医療の現場で仮想通貨

  2. ビットコインは心理的節目9000ドル目指す展開

  3. ドイツの当局がICOに警告

  4. URSNIFがビットコインを狙う

  5. 【要注意】TelegramのICOの詐欺を見つけました

  6. さよなら、金塊ハンター

PAGE TOP

ニュース

日本の税金問題[所得の把握に注力]

ニュース

新規口座開設キャンペーン[Liquid・BITPoint]

ニュース

XRPの注目高まる[Liquidのレバレッジ取引に追加]

ニュース

昨日(10/17)のニュースまとめ

ニュース

Microsoft、分散型IDの開発を発表[個人情報も自分で守る環境へ]

ニュース

制裁回避手段としての利用準備を進めるイランと監視強化を行うアメリカ

ニュース

ビッグデータの活用、分散型への歩み

ニュース

昨日(10/16)のニュースまとめ