ニュース

米国・テキサス州の証券委員会、DavorCoinに緊急停止命令

テキサス州証券局はR2B Coinのトークン配布プロジェクト「BitConnect」の取引停止命令に続き、2月2日に「DavorCoin」のICOに対して緊急停止命令を出した。

命令書にはその理由として、「投資家を誘惑するための不正な情報を含む未登録証券を発行しているため」と書かれている。

DavorCoinは、同コインのローン・プログラムに投資することによって大きな利益を得ることができるとしていた。しかし、テキサス州証券委員会は、この「約束された巨額の利益」をどのように投資家にもたらすか明確に伝えていないと指摘、主要事業に関する事業所の開示がないことも問題視し、投資詐欺と判断した。

なお、DavorCoinの禁止について、テキサス州証券委員会としては、自分たちの使命は仮想通貨を規制するものではなく投資家の安全を守ることだとしている。

ICOにより個人や団体が持つアイデア実現やプロジェクト実行のための資金調達がしやすくなりインターネットにより国境を超えた集金が可能になった一方、発案者の実態の特定が難しくなっている。

FacebookのICO関連広告の禁止等、企業も自らが規制に乗り出しているが、こうした詐欺的なプロジェクトの対策という点において、今後さらなる対応が求められることになりそうだ。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 昨日(12/17)のニュースまとめ

  2. ブロックチェーン技術・スマートコントラクトを学ぶなら…

  3. テキサス州、ハリケーン直撃でビットコイン寄付

  4. 取引所のセキュリティ対策

  5. インドは仮想通貨決済を禁止する計画

  6. 日本の暗号通貨に対する税制

PAGE TOP

ニュース

Ethereumのアップグレード2度目の延期へ

ニュース

BTCのハッシュレート分散化[Bitmain事業縮小]

ニュース

取引所Cryptopia,ハッキング事件か出口詐欺か

ニュース

マレーシア、暗号通貨規制導入

ニュース

昨日(1/16)のニュースまとめ

ニュース

資金洗浄・テロ資金供与とは[基礎知識]

ニュース

Liquid、QASH保有量・期間に応じてXRPプレゼント

ニュース

昨日(1/15)のニュースまとめ