ニュース

ICOの管理者を装った詐欺師の犯行

  • ICO

人気ICOの「Seele(シール)」の管理者を装い、約2億円分のイーサリアムを騙しとるという事件が起きていたことが分かった。

運営チームは管理者アカウントに二重認証システムをかけるなどの対策をし、またテレグラムでのコミュニティメンバーに謝罪した。

またGACKTコインで一躍人気になった「Spindle」も同様に本部アカウントが不明なことから「管理者・代理店のなりすまし詐欺」が起こっている。コインチェック問題ほど難しい問題ではないが正式な窓口を明確にしていくことで防げるような対策は、仮想通貨関連企業には必須だ。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. ブロックチェーン上のデータ変更は犯罪行為

  2. XRPのブリッジ通貨機能とは?

  3. 各取引所ERC-20トークンの取引停止

  4. マン・グループ仮想通貨参入

  5. マイクロソフトがエクセル2016でビットコインをサポートへ

  6. イーサリアム、発生した損害に対しハードフォークを投票にて決定

PAGE TOP

ニュース

みずほ情報総研、ブロックチェーン活用プラットフォームの実証実験

ニュース

みんなのビットコイン、サービススケジュール[楽天での暗号通貨決済]

ニュース

GMOコイン、ウォレットアプリバージョンアップ[キャンペーンも開催]

ニュース

確定申告開始[スマホからの申告も可能に]

ニュース

Coinmama,個人情報流失[パスワード変更を呼びかけ]

ニュース

昨日(2/17)のニュースまとめ

ニュース

違法な業者かの確認を‼[詐欺・商法の例]

ニュース

1週間(2/11~2/17)のニュースまとめ