ニュース

ICOの管理者を装った詐欺師の犯行

  • ICO

人気ICOの「Seele(シール)」の管理者を装い、約2億円分のイーサリアムを騙しとるという事件が起きていたことが分かった。

運営チームは管理者アカウントに二重認証システムをかけるなどの対策をし、またテレグラムでのコミュニティメンバーに謝罪した。

またGACKTコインで一躍人気になった「Spindle」も同様に本部アカウントが不明なことから「管理者・代理店のなりすまし詐欺」が起こっている。コインチェック問題ほど難しい問題ではないが正式な窓口を明確にしていくことで防げるような対策は、仮想通貨関連企業には必須だ。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 日本産通貨、NANJ COIN【NANJ】

  2. 1週間(6/18~23)のニュースまとめ

  3. AMDがマイニング特化のGPU発表

  4. オウケイウェイヴが仮想通貨業界へ進出

  5. 取引所、銀行と同水準の規制[韓国]

  6. ライトニングネットワーク決済でピザ購入

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

マイニングで課金アイテムゲット

ニュース

CFA試験、暗号通貨・ブロックチェーン技術項目を導入

ニュース

ローンでの暗号通貨購入禁止

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

価格急騰中のXLMとは?

ニュース

昨日(7/17)のニュースまとめ

ニュース

NEMのBC技術活用した投げ銭サービス!!

ニュース

世界最大手BlackRockが参入検討か