ニュース

アメリカで人気のスーパーボウルのCMで「ビットコイン先物」を宣伝

アメリカでは長く人気を誇る「スーパーボウル」だが、この決勝戦にて、アメリカの証券会社TDアメリトレードのCMが流れた。

同社のCMでは「ビットコイン先物(ETF)」の宣伝がされ話題になっている。

仮想通貨の先物取引については、金融機関も賛否両論だが、金融機関が先物取引を商品にすることで投資銀行なども仮想通貨投資に参入しやすくなる。今はまだ仮想通貨投資に流れている資金の色が偏っているように見えるが、これが無くなっていくと本当の意味での各種コインの存在意義が「価格」となって現れるだろう。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

※ 写真はイメージです。ご容赦ください。

関連記事

  1. 暗号通貨取引が違法に「サウジ」

  2. 暗号通貨取引中毒患者の治療開始

  3. 米著名投資家アイカーン氏、仮想通貨に手を出さない

  4. イーサリアムブロックチェーンにゲームが負荷をかけている?

  5. 好材料供給が止まらないXRP

  6. 分散型社会と規制

PAGE TOP

ニュース

金融分野におけるサイバーセキュリティ[2019年にFATF審査を控える日本]

ニュース

広がるNEMの輪[アラブ首長国連邦との協定]

ニュース

昨日(10/21)のニュースまとめ

ニュース

規制環境整備後の課題は人材育成か

ニュース

機関投資家参入に期待できるほど環境は整っているのか

ニュース

ドローンの個別認証にもブロックチェーン技術

ニュース

今週(10/14~10/21)の注目ニュース

ニュース

昨日(10/20)のニュースまとめ