ニュース

仮想通貨の促進広告に関し「グーグル」すでに対応との回答

カナダや米国の法執行機関グーグルに対しバイナリーオプションや仮想通貨に対する広告を禁じるよう要請したという。

カナダ証券取引所の上級捜査官でバイナリーオプション作業部会の会長はイスラエルタイムズ紙のインタビューに答え、「我々はフェイスブックの判断を歓迎。同様な対応をグーグルがとることを期待している」と述べた。

世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)米フェイスブックは先月、仮想通貨やICOなどに関して、不正を促進し誤解を招くような広告を禁じる決定をした。
しかし、グーグルはまた、こういった広告を禁じる発表をしていない。イスラエルタイムズ紙の質問に答えるかたちで、グーグルの広報担当官は、「我々は全てのカテゴリーで、すでに誤解を招くような広告や不正表示を禁じ、対応を強化している」と述べた。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. FSB、仮想通貨は金融システムのリスクとなり得ると警告

  2. EOS、脆弱性が見つかる

  3. 業務改善命令を受けた取引所の動き

  4. XRP、7月の上場取引所まとめ

  5. 新たな確定申告ツール

  6. ウォールストリートのTom Lee氏が2022年に55,000ドルに達…

PAGE TOP

ニュース

第7回の研究会、取引規制が焦点

質問コーナー

RPGcoinとは?[質問コーナー]

ニュース

昨日(10/19)のニュースまとめ

ニュース

ステーブルコイン、取引所に続々上場

ニュース

xRapidでの活用だけでなく、決済手段としても択ばれるXRP

ニュース

本日、テックビューロの株主総会 22日には公告予定

ニュース

昨日(10/18)のニュースまとめ

ニュース

日本の税金問題[所得の把握に注力]