ニュース

ムニューシン米財務長官、仮想通貨にかかわるビジネスに監視必要

ムニューシン米財務長官は、仮想通貨にかかわるビジネスに携わっている人物の監視が必要だと訴えた。

FSOC (金融安定監督評議会)は仮想通貨への対応で規制当局と協力していく方針を表明。

米国の金融安定監視委員会(FSOC)は、システミック・リスクを監視し、必要な政策対応等を提示することを目的として、Dodd-Frank法に基づいて設置された委員会。メンバーは、財務長官を議長とし、連邦準備制度理事会(FRB)、通貨庁(OCC)、預 金保険公社(FDIC)など9つの監督当局の代表と保険. 業界の専門家の合計10名から成る。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 国内で進むブロックチェーンの活用

  2. 台北市はIOTAと提携発表

  3. メルシュECB理事、仮想通貨リスクに厳重な監視を要請

  4. 今後の市場成長に期待高まる[韓国]

  5. ブロックチェーン技術の活用

  6. ブロックチェーン区域開設に向けて[インド]

PAGE TOP

ニュース

法定通貨と暗号通貨[日銀副総裁の講演]

ニュース

金融分野におけるサイバーセキュリティ[2019年にFATF審査を控える日本]

ニュース

広がるNEMの輪[アラブ首長国連邦との協定]

ニュース

昨日(10/21)のニュースまとめ

ニュース

規制環境整備後の課題は人材育成か

ニュース

機関投資家参入に期待できるほど環境は整っているのか

ニュース

ドローンの個別認証にもブロックチェーン技術

ニュース

今週(10/14~10/21)の注目ニュース