ニュース

ムニューシン米財務長官、仮想通貨にかかわるビジネスに監視必要

ムニューシン米財務長官は、仮想通貨にかかわるビジネスに携わっている人物の監視が必要だと訴えた。

FSOC (金融安定監督評議会)は仮想通貨への対応で規制当局と協力していく方針を表明。

米国の金融安定監視委員会(FSOC)は、システミック・リスクを監視し、必要な政策対応等を提示することを目的として、Dodd-Frank法に基づいて設置された委員会。メンバーは、財務長官を議長とし、連邦準備制度理事会(FRB)、通貨庁(OCC)、預 金保険公社(FDIC)など9つの監督当局の代表と保険. 業界の専門家の合計10名から成る。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 中国が暗号通貨に対し更なる規制をかけていくのか

  2. 韓国とオーストラリア間で約400億円超えの不正送金

  3. SBIがJCBなどと提携

  4. 富士通が新しいサービスを

  5. ウォーレン・バフェット氏「ビットコインは悪い結末を迎える」

  6. みなし業者、業務改善命令【みなし業者一覧】

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

マイニングで課金アイテムゲット

ニュース

CFA試験、暗号通貨・ブロックチェーン技術項目を導入

ニュース

ローンでの暗号通貨購入禁止

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

価格急騰中のXLMとは?

ニュース

昨日(7/17)のニュースまとめ

ニュース

NEMのBC技術活用した投げ銭サービス!!

ニュース

世界最大手BlackRockが参入検討か