ニュース

ムニューシン米財務長官、仮想通貨にかかわるビジネスに監視必要

ムニューシン米財務長官は、仮想通貨にかかわるビジネスに携わっている人物の監視が必要だと訴えた。

FSOC (金融安定監督評議会)は仮想通貨への対応で規制当局と協力していく方針を表明。

米国の金融安定監視委員会(FSOC)は、システミック・リスクを監視し、必要な政策対応等を提示することを目的として、Dodd-Frank法に基づいて設置された委員会。メンバーは、財務長官を議長とし、連邦準備制度理事会(FRB)、通貨庁(OCC)、預 金保険公社(FDIC)など9つの監督当局の代表と保険. 業界の専門家の合計10名から成る。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 昨日(12/5)のニュースまとめ

  2. 日本、キャッシュレス決済比率は約2割

  3. BNBのバーン、そろそろか

  4. 「ビットコインは投資家の有力な投資先のひとつになりうる」ビル・グロース…

  5. メキシコCNBV、メキシコ銀行の仮想通貨取引の扱いを承認へ

  6. 日本だけではない、政治家とICOの関係

PAGE TOP

ニュース

クリプトリンク、税理士検索サービスをリリース

ニュース

みずほ情報総研、ブロックチェーン活用プラットフォームの実証実験

ニュース

みんなのビットコイン、サービススケジュール[楽天での暗号通貨決済]

ニュース

GMOコイン、ウォレットアプリバージョンアップ[キャンペーンも開催]

ニュース

確定申告開始[スマホからの申告も可能に]

ニュース

Coinmama,個人情報流失[パスワード変更を呼びかけ]

ニュース

昨日(2/17)のニュースまとめ

ニュース

違法な業者かの確認を‼[詐欺・商法の例]