ニュース

ニューヨーク州、独自仮想通貨の発行を検討か!?

ニューヨーク州では独自の仮想通貨を発行する場合にもたらされる影響を調査するタスクフォースの設立を求める法案が提出された。

仮想通貨を発行するのに必要な手順、規制当局や各自治体、国が受ける影響などの調査を行うことが提案された。

同法案を提出したクライド・ヴァネル議員は、昨年11月末にも仮想通貨やブロックチェーンに関連した法案を4つ提出した。選挙へのブロックチェーン技術の適応の検討などを提案し、審査が進められている。

ニューヨーク州ではこのほか、2月23日に上院議員のデイヴィッド・カルルッチ氏とジェシー・ハミルトン氏が仮想通貨に関する公聴会を開催する。同州金融サービス局(NYDFS)による仮想通貨関連事業者の認可制度「ビットライセンス」などについてヒアリングが行われる予定だ。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. COMSA本日トークンセール

  2. GS社、BTC市場へ参入

  3. 中国人民銀行がICO禁止について検討へ

  4. AUDを担保にしたステーブルコイン発行へ[ステーブルコインに注目集まる…

  5. 保身の対応は早いZaif

  6. リップル社のCEOが『XRP不要論』に言及!!【リップラー必見】

PAGE TOP

ニュース

第7回の研究会、取引規制が焦点

質問コーナー

RPGcoinとは?[質問コーナー]

ニュース

昨日(10/19)のニュースまとめ

ニュース

ステーブルコイン、取引所に続々上場

ニュース

xRapidでの活用だけでなく、決済手段としても択ばれるXRP

ニュース

本日、テックビューロの株主総会 22日には公告予定

ニュース

昨日(10/18)のニュースまとめ

ニュース

日本の税金問題[所得の把握に注力]