ニュース

ニューヨーク州、独自仮想通貨の発行を検討か!?

ニューヨーク州では独自の仮想通貨を発行する場合にもたらされる影響を調査するタスクフォースの設立を求める法案が提出された。

仮想通貨を発行するのに必要な手順、規制当局や各自治体、国が受ける影響などの調査を行うことが提案された。

同法案を提出したクライド・ヴァネル議員は、昨年11月末にも仮想通貨やブロックチェーンに関連した法案を4つ提出した。選挙へのブロックチェーン技術の適応の検討などを提案し、審査が進められている。

ニューヨーク州ではこのほか、2月23日に上院議員のデイヴィッド・カルルッチ氏とジェシー・ハミルトン氏が仮想通貨に関する公聴会を開催する。同州金融サービス局(NYDFS)による仮想通貨関連事業者の認可制度「ビットライセンス」などについてヒアリングが行われる予定だ。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. ウィキペディアの創設者が警告

  2. Apple共同設立者がビットコイン関連企業の技術顧問に

  3. カナダの中央銀行がデジタル通貨

  4. DMM.BitcoinでBTC・ETHの出金手数料無料

  5. サンタンデール、「ブロックチェーンは200億ドル規模のコスト削減に繋が…

  6. マウントゴックスウォレットから180億円もの資産移動

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

基礎知識

【初心者向け】ICOとは

ニュース

ステラ・ルーメンズ(XLM)基盤のプラットフォーム

ニュース

昨日(7/18)のニュースまとめ

ニュース

マイニングで課金アイテムゲット

ニュース

CFA試験、暗号通貨・ブロックチェーン技術項目を導入

ニュース

ローンでの暗号通貨購入禁止

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

価格急騰中のXLMとは?