ニュース

仮想通貨建ての個人退職口座を騙る詐欺に注意

米商品先物取引委員会(CFTC)は2日、米内国歳入庁(IRS)の承認を受けたと主張する仮想通貨建ての退職金口座(IRA)について、消費者は慎重に検討すべきだと警告した。

IRSはこれらのIRAに対する投資に関して、承認も見直しも行っていないと述べている。

退職後に備えて、控除や貯蓄を増やそうとする納税者に対して、仮想通貨があたかも危険性が低く、退職口座に最適かのように騙る詐欺が増えているという。仮想通貨を含む個人退職口座はとりわけ目新しいものではない。しかし、最近の訴訟を確認すると、リスクについての開示が不十分、あるいは不適切なものが増えているという。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 国内取引所でパスワード管理態勢点検[カナダ取引所の事件受け]

  2. xRapid活用の課題[XRP、暗号通貨に関する法規制]

  3. 日本でも暗号通貨業界、自主規制団体発足

  4. ETFとは?暗号通貨市場のこれから

  5. Coinbaseの対応にクレーム殺到

  6. Codiusとは

PAGE TOP

ニュース

ブロックチェーン投票の課題

ニュース

黒田総裁、アメリカで講演[新興国でのデジタル経済]

ニュース

金融犯罪とオリンピック[対日審査と金融機関の取り組み]

ニュース

「近鉄しまかぜコイン」の発行へ[国内地域通貨]

ニュース

昨日(10/19)のニュースまとめ

ニュース

詐欺的な投資勧誘に注意[初心者向け]

ニュース

仮想通貨の投資助言に関する法律[なんでも相談室]

ニュース

公正取引委員会、実態調査へ[キャッシュレス決済]