ニュース

ビットコイン先物週報

米証券先物取引委員会(CFTC)が2日、シカゴ・オプション取引所(CBOE)のビットコイン先物の週報を発表した。

12月11日の取引開始後、CFTCによって週報が発行されるのは7回目。1月30日時点でのファンドのポジションは、ロング(買い持ち)が895、ショート(売り持ち)が2974となった。ビットコイン先物のロングポジションはビットコイン価格が上昇した場合に利益を上げ、ショートポジションはビットコイン価格が下落した場合に利益を上げる。

30日時点のファンドポジションは、23日時点から一転してショートが3倍超の優勢となった。ショート2974は週報発行開始から最大の値で、次点は2017年12月26日の1138。一方でロングの895も2017年1月23日時点の1142に次ぐ値だ。1月23~30日のビットコイン価格は高値12040.30ドル、安値9777.42ドルと、概ね10000~12000ドル台で推移しており、23日時点から大きな反発を見せなかったことがファンドポジションの転換につながったと考えられる。一方で、ショート優勢とはなったものの、ロング・ショートポジション共に大きく増加しており、関心の高さが窺える。

《情報提供:フィスコ》

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. ICOの必要性

  2. 仮想通貨の格付けへ

  3. 仮想通貨での退職金運用の禁止

  4. 止められた水の逃げ先に。中国のビットコイン事情の今

  5. ビットコインキャッシュプラス

  6. ランサムウェアよりクリプトジャックが主流に

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

マイニングで課金アイテムゲット

ニュース

CFA試験、暗号通貨・ブロックチェーン技術項目を導入

ニュース

ローンでの暗号通貨購入禁止

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

価格急騰中のXLMとは?

ニュース

昨日(7/17)のニュースまとめ

ニュース

NEMのBC技術活用した投げ銭サービス!!

ニュース

世界最大手BlackRockが参入検討か