ニュース

SECとCFTC、6日上院証言で、連邦監督機関の設置要請へ

米議会上院の銀行住宅都市委員会は2月6日に、ビットコインなど仮想通貨について公聴会を開催する。

米証券取引委員会(SEC)のジェイ・クレイトン委員長と、米商品先物取引委員会(CFTC)のクリストファー・ジャンカルロ委員長が証言する。両者は、取引プラットフォームに連邦監督機関を設けることを検討するよう、要請するという。ブルーンバーグが入手した証言の草案内容で明らかになった。

最近の日本の仮想通貨の流出事件を受けて、当局者は一段と懸念を強めている。規制当局者は声明の中で、現在の仮想通貨取引の規制の骨組みは、取引の監督が含まれず、仮想通貨トレーディングの連邦規制を強化する必要があるか、または適切であるかどうか議会とともに調査したいと訴えるようだ。

また仮想通貨の発行によって資金を調達するイニシャル・コイン・オファリング(ICO)に焦点を置いているSECのジェイ・クレイトン委員長は、SECへの登録を必須にすべきと指摘

《情報提供:フィスコ》

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 1週間(8/19~8/26)のにゅーすまとめ

  2. ビックカメラ、ハードウォレットの販売

  3. ビットフライヤー、BTCとネットマイルの交換が可能に

  4. フィンランドがブロックチェーンで難民問題に挑む

  5. 今後が期待されるQUOINE、メンテ対応にも注目集まる

  6. アメリカで俳優が宣伝しているICOに中止命令

PAGE TOP

ニュース

東南アジア諸国のブロックチェーン市場急成長[各国の取り組み状況]

ニュース

Zaif、MONA・BCHの流失額公表[各機関・団体の対応]

ニュース

昨日(9/21)のニュースまとめ

ニュース

RippleNet拡大、XRP急騰[ついに動き出したリップル]

ニュース

Binance、世界を制する取引所へ

ニュース

LINE,日本の暗号通貨業界をけん引していく存在へ

ニュース

昨日(9/20)のニュースまとめ

ニュース

NY当局に目をつけられた暗号通貨取引所[NYはもう金融の中心地ではなくなる]