ニュース

コインチェックハッキング事件に北朝鮮関与か=韓国ハンギョレ紙

韓国の日刊新聞、ハンギョレ紙によると、コインチェックのハッキングに北朝鮮が関与している可能性があると報じた。

韓国の情報機関、国家情報院は5日、北朝鮮がサイバー攻撃で韓国から数百億ウォン規模の仮想通貨を奪取したと韓国国会に報告した。

不正アクセスにより顧客の約580億円分の仮想通貨「NEM(ネム)」が流出した日本のコインチェック事件に関しても、北朝鮮の関与の有無を調べているという。非公開の国会情報委員会での報告内容として出席議員が明らかにしたと報じられている。

韓国の国家情報委員、Kim Byung-kee氏は、「北朝鮮はイーメイルを送り付け、仮想通貨取引所をハッキングし顧客の極秘情報、また、仮想通貨を盗むことが可能だ」と訴えたという。

《情報提供:フィスコ》

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. ベトナムでオンライン取引に暗号通貨禁止

  2. 昨日(1/5)のニュースまとめ

  3. 詐欺だけではない暗号通貨をめぐるトラブル[死体損壊と死体遺棄の容疑]

  4. ビットバンク取引再開しデータ提供

  5. 韓国政府、人材育成プロジェクト全額国費で負担

  6. オランダ、ブロックチェーン全国導入のための計画

PAGE TOP

ニュース

Ethereumのアップグレード2度目の延期へ

ニュース

BTCのハッシュレート分散化[Bitmain事業縮小]

ニュース

取引所Cryptopia,ハッキング事件か出口詐欺か

ニュース

マレーシア、暗号通貨規制導入

ニュース

昨日(1/16)のニュースまとめ

ニュース

資金洗浄・テロ資金供与とは[基礎知識]

ニュース

Liquid、QASH保有量・期間に応じてXRPプレゼント

ニュース

昨日(1/15)のニュースまとめ