ニュース

コインチェックハッキング事件に北朝鮮関与か=韓国ハンギョレ紙

韓国の日刊新聞、ハンギョレ紙によると、コインチェックのハッキングに北朝鮮が関与している可能性があると報じた。

韓国の情報機関、国家情報院は5日、北朝鮮がサイバー攻撃で韓国から数百億ウォン規模の仮想通貨を奪取したと韓国国会に報告した。

不正アクセスにより顧客の約580億円分の仮想通貨「NEM(ネム)」が流出した日本のコインチェック事件に関しても、北朝鮮の関与の有無を調べているという。非公開の国会情報委員会での報告内容として出席議員が明らかにしたと報じられている。

韓国の国家情報委員、Kim Byung-kee氏は、「北朝鮮はイーメイルを送り付け、仮想通貨取引所をハッキングし顧客の極秘情報、また、仮想通貨を盗むことが可能だ」と訴えたという。

《情報提供:フィスコ》

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. ロシアの保健省、ブロックチェーンの試験導入開始

  2. 中国、新たにブロックチェーン技術の実装

  3. バンク・オブ・アメリカCEOビットコインに言及

  4. 米連邦保安局、今月2500万ドル相当のBTC入札へ

  5. 欧州銀行協会:「ビットコインの最大の懸念は今でも51%問題」

  6. 暗号通貨への関心高くとも、技術に関しては関心低く

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

スタンフォード大学、ブロックチェーン技術研究センター設立

ニュース

XRPは有価証券になるのか

ニュース

ライトニングネットワーク(LN)とは?

ニュース

千葉県警が暗号通貨などに関する研修

ニュース

ライトニングネットワーク上でポケモン

ニュース

1週間(6/18~23)のニュースまとめ

ニュース

bitFlyer,当局に対して事実と異なる説明

ニュース

金融庁の目指すもの