ニュース

ユニセフ、PCゲーマーにマイニングによる寄付を要請

ユニセフは2日、新たな慈善活動キャンペーン「Game Chaingers」を開始した。同キャンペーンは、マイニングによって得たイーサリアムをシリアの子供たちへの支援基金にするというものだ。

主に仮想通貨のマイニングが可能な高スペックなグラフィックカードを持つPCゲーマーに焦点を当てている。参加者がコンピューターを使用していないタイミングでマイニングを行うだけで、特に何かを寄付する必要がないという。

ユニセフが仮想通貨を通じた人道支援を行うのは初めてではない。2017年1月、ユニセフは寄付をデジタル化し、透明性を確立することを目的としたブロックチェーンベースのプログラム「ドナーコイン」をロンドンのブロックチェーン・ウィークで発表した。また、8月には、傘下のユニセフベンチャーズが透明性の改善を目的としてイーサリアムベースのスマートコントラクトのテストを開始している。

《情報提供:フィスコ》

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. アメリカ国内の取引所は証券取引委員会の認可制へ

  2. 押収したBTCの対処に困惑

  3. ダークウェブ運営の男を逮捕、所持していた仮想通貨は約950億円相当

  4. 福利厚生をブロックチェーン上で支払い、透明性確保

  5. シンガポールのヘッジファンド、アビトラで運用

  6. ブロックチェーン技術で極小コンピュータ開発

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

基礎知識

【初心者向け】ICOとは

ニュース

ステラ・ルーメンズ(XLM)基盤のプラットフォーム

ニュース

昨日(7/18)のニュースまとめ

ニュース

マイニングで課金アイテムゲット

ニュース

CFA試験、暗号通貨・ブロックチェーン技術項目を導入

ニュース

ローンでの暗号通貨購入禁止

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

価格急騰中のXLMとは?