ニュース

ユニセフ、PCゲーマーにマイニングによる寄付を要請

ユニセフは2日、新たな慈善活動キャンペーン「Game Chaingers」を開始した。同キャンペーンは、マイニングによって得たイーサリアムをシリアの子供たちへの支援基金にするというものだ。

主に仮想通貨のマイニングが可能な高スペックなグラフィックカードを持つPCゲーマーに焦点を当てている。参加者がコンピューターを使用していないタイミングでマイニングを行うだけで、特に何かを寄付する必要がないという。

ユニセフが仮想通貨を通じた人道支援を行うのは初めてではない。2017年1月、ユニセフは寄付をデジタル化し、透明性を確立することを目的としたブロックチェーンベースのプログラム「ドナーコイン」をロンドンのブロックチェーン・ウィークで発表した。また、8月には、傘下のユニセフベンチャーズが透明性の改善を目的としてイーサリアムベースのスマートコントラクトのテストを開始している。

《情報提供:フィスコ》

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. G20、初めて仮想通貨の上昇するリスクに焦点、監督の必要性を訴える

  2. Huobiの新たなプロジェクト

  3. 『南米のeBay』と呼ばれる企業、ビットコイン関連プラン発表

  4. 仮想通貨の割安・割高ランキング【フィスコ・アルトコインニュース】

  5. FATF、規制に対して本格的に動き出す

  6. SBIホールディングス、仮想通貨コールドウォレット事業展開のCoolB…

PAGE TOP

ニュース

第7回の研究会、取引規制が焦点

質問コーナー

RPGcoinとは?[質問コーナー]

ニュース

昨日(10/19)のニュースまとめ

ニュース

ステーブルコイン、取引所に続々上場

ニュース

xRapidでの活用だけでなく、決済手段としても択ばれるXRP

ニュース

本日、テックビューロの株主総会 22日には公告予定

ニュース

昨日(10/18)のニュースまとめ

ニュース

日本の税金問題[所得の把握に注力]