ニュース

中国政府、国外のブラットフォームも締め出しか、BTC7000ドル割れ

仮想通貨ビットコインは5日、戻りなく下げ幅を拡大した。心理的節目である7000ドルも割り込んだ

各国の金融機関やカード会社が、自社クレジットカードによる仮想通貨購入を禁止する動きが広がったことが背景にある。また、中国政府が仮想通貨のウェブサイトへの全てのアクセスを閉鎖する計画だとの報道も嫌気された。

中国人民銀行の傘下にある情報会社による報道によると、中国の国民は国内のプラットフォームで仮想通貨の購入が不可能になったため、海外のフラットフォームを利用し購入を行っており、これに対する措置が必要になると指摘している。

中国政府は昨年9月にICOを禁止した。ビットコインマイニング企業にも、もはや歓迎しないと通達。これを受けて、取引所やマイニング会社は拠点を移している。中国国民は日本や韓国の取引所を利用しており、仮想通貨の人気を阻むわけではなく、政府の措置が現状で必ずしも影響しているわけではない。ただ、もし、政府が海外のプラットフォームの使用も禁じた場合、かなりの影響がでると見られる。

《情報提供:フィスコ》

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. マーケットアナリスト相場の福の神こと藤本誠之率いる必勝仮想通貨塾【PR…

  2. ブロックチェーンで人身売買を無くす

  3. 米国証券取引委員会がICO調査

  4. 中国中銀、ブロックチェーンは「公に属す」

  5. BitOasis、中東でビットコイン事業を立ち上げ

  6. ビットコイン送金市場に入り込もうとする韓国の複合企業

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

基礎知識

【初心者向け】ICOとは

ニュース

ステラ・ルーメンズ(XLM)基盤のプラットフォーム

ニュース

昨日(7/18)のニュースまとめ

ニュース

マイニングで課金アイテムゲット

ニュース

CFA試験、暗号通貨・ブロックチェーン技術項目を導入

ニュース

ローンでの暗号通貨購入禁止

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

価格急騰中のXLMとは?