ニュース

中国政府、国外のブラットフォームも締め出しか、BTC7000ドル割れ

仮想通貨ビットコインは5日、戻りなく下げ幅を拡大した。心理的節目である7000ドルも割り込んだ

各国の金融機関やカード会社が、自社クレジットカードによる仮想通貨購入を禁止する動きが広がったことが背景にある。また、中国政府が仮想通貨のウェブサイトへの全てのアクセスを閉鎖する計画だとの報道も嫌気された。

中国人民銀行の傘下にある情報会社による報道によると、中国の国民は国内のプラットフォームで仮想通貨の購入が不可能になったため、海外のフラットフォームを利用し購入を行っており、これに対する措置が必要になると指摘している。

中国政府は昨年9月にICOを禁止した。ビットコインマイニング企業にも、もはや歓迎しないと通達。これを受けて、取引所やマイニング会社は拠点を移している。中国国民は日本や韓国の取引所を利用しており、仮想通貨の人気を阻むわけではなく、政府の措置が現状で必ずしも影響しているわけではない。ただ、もし、政府が海外のプラットフォームの使用も禁じた場合、かなりの影響がでると見られる。

《情報提供:フィスコ》

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. ロシアの電力会社がマイナーに余った電力を販売?

  2. アメリカの格付機関が「テザー」の危険性を警告

  3. バイナンス、ブロックチェーン国家建国の噂

  4. 世界、ブロックチェーン貿易に動く

  5. コインチェック流出”NEM”、その半数が換金か

  6. XRPの将来を信じられないなら、手放すべき

PAGE TOP

ニュース

第7回の研究会、取引規制が焦点

質問コーナー

RPGcoinとは?[質問コーナー]

ニュース

昨日(10/19)のニュースまとめ

ニュース

ステーブルコイン、取引所に続々上場

ニュース

xRapidでの活用だけでなく、決済手段としても択ばれるXRP

ニュース

本日、テックビューロの株主総会 22日には公告予定

ニュース

昨日(10/18)のニュースまとめ

ニュース

日本の税金問題[所得の把握に注力]