ニュース

イギリスの銀行でもクレカ禁止か

英銀行大手ロイズ・バンキング・グループは顧客の仮想通貨購入目的のクレジットカード利用を禁止すると発表した。

仮想通貨価格の暴落で、顧客が債務に陥ることを警戒していると指摘。

先週末には、米銀大手JPモルガン、バンクオブアメリカ、シテイグループが仮想通貨購入目的の自社クレジットカード利用を禁止する方針を発表済み。年初からの仮想通貨の下落を受けて、クレジットカードを発行している金融機関(Halifax, MBNA、バンクオブスコットランドも含む)による仮想通貨購入目的のカード利用禁止措置が広がっている。

《情報提供:フィスコ》

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. ビットコインキャッシュ9割が長期保有、ビットコインは5割

  2. Zaifに資金援助するFISCO、援助できるほど資金に余裕があるのか

  3. 欧州のエネルギー供給会社がブロックチェーンを試行

  4. 暗号通貨業界、活発になる出資・買収・合併の動き

  5. ドイツ取引所グループがR3のブロックチェーン技術導入

  6. 仮想通貨の割安・割高ランキング【フィスコ・アルトコインニュース】

PAGE TOP

ニュース

取引所bitFlyer、証拠金取引サービスの変更を延期

ニュース

1週間(4/15~4/20)のニュースまとめ

ニュース

昨日(4/20)のニュースまとめ

ニュース

Crypto Garage,P2Pプロトコル開発[国内サンドボックス認定企業]

ニュース

Xpring、Bolt Labsへ出資[匿名技術の導入か]

ニュース

MUFGとAkamaiの決済ネットワーク[GO-Net]2020年提供予定

ニュース

RBI,サンドボックス草案発表[暗号通貨は対象外もブロックチェーン技術は対象]

ニュース

昨日(4/19)のニュースまとめ