ニュース

UBSグループ、仮想通貨取引に関する行員規定を検討

スイス金融大手のUBSグループが、行員の私的な仮想通貨取引に対して事前承認を義務付ける可能性があることが2月2日付のブルームバークの報道により明らかになった。

同社では現在、仮想通貨に関する行員の個人取引について規則を設けておらず、情報開示や事前承認は必要ないという。他の証券類と取引と取り扱いを合わせる形で、仮想通貨に関する追加的な規定の導入が検討されている。

UBSグループの会長、アクセル・ウェーバー氏は、先週、規制当局による取り締まりが生じればビットコインの価格は大幅に下落し得るとして仮想通貨に対して懐疑的な姿勢を示したばかり。同社で仮想通貨の取引をしたり顧客に提供したりするつもりはないことが伝えられた。

その他にも、ノルデア銀行が行員の仮想通貨取引を禁止JPモルガン・チェースが顧客の仮想通貨購入を目的とした同行発行のクレジットカードの利用を中止など規制が相次いでいる。

《情報提供:フィスコ》

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. アメリカ医療保険最大手でブロックチェーン導入の試み

  2. 1週間(6/11~6/16)のニュースまとめ

  3. xRapidの試運転成功、最大7割のコスト削減

  4. ブロックチェーン技術で極小コンピュータ開発

  5. XRP(リップル)が詐欺に使われる

  6. オーストラリア企業がブロックチェーンを活用[NEM]

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

マイニングで課金アイテムゲット

ニュース

CFA試験、暗号通貨・ブロックチェーン技術項目を導入

ニュース

ローンでの暗号通貨購入禁止

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

価格急騰中のXLMとは?

ニュース

昨日(7/17)のニュースまとめ

ニュース

NEMのBC技術活用した投げ銭サービス!!

ニュース

世界最大手BlackRockが参入検討か