ニュース

フィリピン政府、強い仮想通貨業界の規制へ

フィリピン政府は、仮想通貨業界に関して「ICO」や「仮想通貨取引」などを年内にも規制すると明かした。

コインチェック問題は今や世界中で報道される大問題となった。少なからず各国の規制の議論に影響しただろう。同国も、投資家保護や詐欺被害の削減等を目的として細心の注意を払いながら規制をかけていくとのことだ。

特に「ICO」に関しては強く規制をかけていくように見える。ICOはお金を集めるだけ集めて実行者と連絡がとれなくなるケースが多発しているようだ。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 欧州銀行監督機構(EBA)、フィンテック規制のロードマップを来週発表

  2. アメリカ、投資家保護を議論

  3. マイニング機器の窃盗容疑者、逮捕

  4. ポルノハブでも暗号通貨決済導入

  5. 国内取引所 Zaif

  6. 仮想通貨取引所の登録制導入か

PAGE TOP

技術

トランプ政権とも関係を持つRipple

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場

ニュース

サイバー対策にAI活用[内部不正防止にも]

ニュース

GMOも日本円を担保にしたステーブルコイン開発へ[中国では]